2018年12月03日

DAZZLEメンバーブログ -長谷川達也-


「終わりがあるから美しい」

この世に永遠なんてありません。
いつか必ず終わりがやってくる。
それが早いか、遅いか、だけ。


DAZZLEイマーシブシアター
Touch the Dark
が、遂に終演を迎えました。

昨年からスタートしたこのTouch the Darkですが、ダンス×物語×イマーシブシアターの制作は、僕が知る限りではおそらく日本では初の試みでしたので、どんな場所で、どんな物語をどのように展開させるか、観客や演者の導線やタイミング、そして各部屋でのシーン制作など、非常に悩んだことをよく覚えています。

特にこだわった音楽の制作は、初演当時、本番の直前まで編集作業に明け暮れていたこともまだ記憶に新しいです。

おかげさまで作品はご好評をいただき、再演に継ぐ再演と、何度も開催することができたことは演出家としても大きな喜びであり、今後も求められる限りは定期的に開催したいと思っていました。

しかしながら既に発表があった通り、来年4月にこの施設自体がクローズすることになって、結果としてわずか3回だけの開催で幕を閉じることになります。

とはいえ3回もできるなんて、舞台の世界ではなかなかない、非常に名誉なことではありますが、手応えがあっただけに、そしてすごく苦労しただけに、思い入れも深く、聞いた瞬間は「嘘だろ」とショックを隠せなかった。

僕に潤沢な資金力があれば...
この施設を買い取って...

そんな夢みたいなことは叶うはずもなく、終わるものは終わると、割り切ってやるしかない。

その儚さが尊いと分かっていながらも、まだまだあの世界に浸っていたかった自分もいます。


初演から数えると全部で75公演。
こんなにも一つの作品を演じることになるなんて。

辛かったし、

そして、

面白かった。

開催のたびに新しい演出を加えて進化させてきたこともありますが、毎回違う患者の皆さんの予測不能な動きに、こちらも緊張感でいっぱいでした。

イマーシブシアターは演じる者と観る者との信頼関係がないと成立しません。中にはルールを守らない方もおられて困ることもありましたが、それでも大半の皆さんがルールにのっとって行動してくれて、毎日素晴らしい作品を生み出すことができました。

特にDAZZLEのファンの皆さん。
上演情報の拡散だけでなく、観劇マナーなど、その心遣いに救われた部分が多々あります。

人の心は影響を受けやすいモノですから、誰かが規則を無視すると、それに追随する者が現れます。そうして、掟が破られた時、世界は一気に崩壊する危険性もありましたが、ルールを守って観劇することの重要性を理解してくださった皆さんのおかげもあって、無事終えることができたと感じています。

改めて、一緒に物語を作ってくれてありがとう。


今回は"記者の取材記録"と題して、院内に散りばめられた数字を入力することでより深く物語に入り込める音声サービスを導入しました。

皆さん、大きな秘密を解き明かすことはできましたか?

「解ける人はいないかも」

なんて、以前のブログで書きましたが、蓋を開けてみれば結構な方が答えに辿りついていて驚きました。

院内をくまなく探索する、パフォーマンスを観る、そこから更に言葉を集めると言った、かなり足を使わなければ解けない暗号は、謎と呼ぶには少々拙いものだったかもしれません。
ただ、何度も何度も通ってくれて、解き明かした者の印を発見した時は、解かれてしまった寂しさと、解いてもらえた喜びが共存するような不思議な気持ちになりました。

院内のパフォーマンス構成とは違う謎解きの展開は、皆さんの行動を予測するゲームみたいで面白かった。
今回が最後ですので、その謎についての考察もいずれ...あるかもしれません。

こうして、作品を違った視点で楽しめるのでは?と思い導入した音声サービスですが、試みとしての達成感と、また作品の世界観の維持に支障をきたす可能性もあることも今回の収穫と言えそうです。


今回初めてDAZZLEを観にいらしてくださった方もたくさんおられたようで、観てくれて、気づいてくれて嬉しかった。
ダンスに馴染みのない方でも楽しめる作品を目指しているので、これからもまた観に来てくれたら、と思います。


楽しみ方は人それぞれ。
とはいえ、自由度を高めるか、縛りを強めるかによって、世界観は大きく変わってくるのかもしれませんね。

DAZZLEはDAZZLEとしての良さを失わずに、これからもチャレンジして行きたいと思います。

こうしてTouch the Darkは果てなき眠りにつきますが、願わくば皆さんの心の中でずっと生き続けてくれたら、と思います。


そして新たなイマーシブシアター作品を作らなきゃ、ですね。

ホントに大変な思いをして作ったので、新作イマーシブの制作はちょっと憂鬱...
いやいや、笑
また皆さんを虜にするようなTtDを超える作品を作ってみせますよ。

今後のDAZZLEにもぜひ注目しておいてくださいね。

IMG_2245.JPG

またお会いしましょう。




----
★DAZZLE★
official YouTube
official website 
official blog
official facebook
official instagram
official twitter
-----



information
-----
コラボプロジェクト
再演決定!
東京ワンピースタワー × イマーシブシアター
「時の箱が開く時」

PV:https://www.youtube.com/watch?v=U0EvXmHZa0I
日時:2019年1月10日(木)〜1月25日(金)
・1/10(木)、1/11(金) 開場/20:45 開演/21:15
・1/14(月・祝) 〜 1/17(木) 開場/20:45 開演/21:15
・1/18(金) @開場/17:45 開演/18:15 A開場/20:45 開演/21:15
・1/20(日) 〜 1/24(木)  開場/20:45 開演/21:15
・1/25(金) @開場/17:45 開演/18:15 A開場/20:45 開演/21:15
※1/12(土)、13日(日)、19(土)は休演
場所:東京ワンピースタワー (東京タワー 3F〜5F)
出演:麦わらの一味、DAZZLE、他
チケット:5,600円(税抜) ※未就学児童入場不可
発売日:2018年12月8日(土) 午前10:00〜
    セブンチケット/チケットぴあ

第一回 2018年9月22日(土)〜30日(日)


舞台情報
終演しました!ありがとうございました
イマーシブシアター Touch the Dark 2018
PV:https://youtu.be/Q4UtGFQ6A6A
場所:非公開(東京都渋谷区)
出演:DAZZLE、客演メンバー

第三回 2018年11月22日(木)〜12月2日(日)
第二回 2017年10月26日(木)〜10月29日(日)
第一回 2017年8月25日(金)〜9月3日(日)

withnews
没入感ハンパない!廃病院で体感、新感覚のイマーシブシアターが登場

・T JAPAN
闇に呑まれ、闇に酔いしれる。DAZZLEが放つ体験型演劇 Touch the Dark
Dews
DAZZLEによる”体験型公演”「Touch the Dark」


終演しました!ありがとうございました
Dance Dance Dance@YOKOHAMA 2018
ピノキオの嘘
日程:2018年9月8日(土)、9日(日)
場所:横浜赤レンガ倉庫1号館 3階ホール
主催横浜赤レンガ倉庫1号館(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団) / 横浜アーツフェスティバル実行委員会

終演しました!ありがとうございました
「ピノキオの嘘」(Hibiya Festival「The Stage」出演)
日程:4月27日(金) 、4月28日(土)
場所:東京ミッドタウン日比谷


ゲスト出演情報
終了しました!ありがとうございました
「明治時代にタイムスリップして伝統・アートを遊ぶ」をテーマに
京都岡崎エリアの文化施設が一夜限り、150年前の姿を取り戻す!
岡崎明治酒場
日程:2018年10月26日(金) 17:00〜23:00 ☆DAZZLEは19:30〜 / 21:00〜 (各30分)
場所:平安神宮、岡崎公園、ロームシアター京都&京都モダンテラス他
入場料:無料(ただし、一部プログラムは有料)
主催:岡崎明治酒場実行委員会 (beyond2020プログラム)

終了しました。ありがとうございました!
EARTH CELEBRATION 2018
ハーバーマーケットライブ「鼓童 Dance Night〜CHAKKA FES〜」
【CHAKKA FES】[音]チャッカフェス

出演:PInO、TATSUO、長谷川達也(DAZZLE)、荒井信治(DAZZLE)、佐藤喬也(BLUE TOKYO)、松田陽樹(BLUE TOKYO)、石井侑佑(BLUE TOKYO)、鼓童(中込健太、蓑輪真弥、小松崎正吾、住吉佑太、三浦康暉、池永レオ遼太郎、大塚勇渡、米山水木、小平一誠、前田順康、木村佑太、平田裕貴)
日時:8月17日(金)
場所:小木みなと公園 特設ステージ

終演しました。ありがとうございました!
SUPER SWAN 新演出『白鳥の湖』全2幕
出演者:西島数博、長谷川達也、宮川一彦、金田健宏、南雲篤史、高田秀文、Ewen Chiu、Dennis Chen他
日時:6月30日(土) 、7月1日(日)
場所:豊洲シビックセンターホール

終了しました。ありがとうございました!
ストレンジシード
日程:5月5日(土) 、5月6日(日)
場所:静岡・市役所前ステージ

終了しました。ありがとうございました!
日本財団、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)主催
TRUE COLOURS アジア太平洋障害者芸術祭
日時:2018年3月23日(金)〜25日(日) 1日1ステージ 計3公演
場所:シンガポール・インドア・スタジアム
チケット:こちらのサイトをご確認ください ※英語サイトのみ


DAZZLE振付情報
DAZZLE 主宰 長谷川達也他DAZZLEメンバーが一部、振付を担当しております
浅田真央サンクスツアー
日時:全国多数の都道府県で開催中
詳細はコチラよりご確認ください

赤レンガサイト及び崎陽軒サイトから動画をチェックできます!
企業・地域と劇場をつなぐ 赤レンガ・ダンスプロジェクト
株式会社崎陽軒 創業110周年記念事業
オリジナルダンス制作・振付:DAZZLE

終了しました。ありがとうございました!
手塚治虫 生誕90周年記念
「Amazing Performance W3(ワンダースリー)」

原作:手塚治虫 漫画 W3(ワンダースリー)
構成・演出:ウォーリー木下
日程:2018年2月9日(金)〜3月4日(日)
会場:DDD青山クロスシアター


メディア出演情報
NEW!! 日本経済新聞出版社「フリーランス&“複"業で働く! 完全ガイド 」(日経ムック) 一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会 (飯塚浩一郎)
NEW!! AdverTimes(アドタイ) 連載「国民総ダンサー時代前夜に考える、ダンスとクリエイティブの幸福な関係」 (飯塚浩一郎)
日本財団DIVERCITY IN THE ARTS アーティスト・インタビュー (長谷川達也)
日本財団DIVERCITY IN THE ARTS DAZZLE稽古場レポート2
日本財団DIVERCITY IN THE ARTS DAZZLE稽古場レポート1
フジテレビ「1Hセンス」 (長谷川達也)
T JAPAN闇に呑まれ、闇に酔いしれる。DAZZLEが放つ体験型演劇 Touch the Dark
ダンスニュースメディアサイト Dews『【ネタばれなし】リピーター続出で全公演完売!DAZZLEによる”体験型公演”「Touch the Dark」が開幕。9/3まで』
withnews『没入感ハンパない!廃病院で体感、新感覚のイマーシブシアターが登場』
トウキョウダンスマガジン
『DAZZLE公演「Touch the Dark」特集 長谷川達也×上妻宏光』
 (長谷川達也)

youtube
DAZZLE OFFICIAL YouTube
20周年記念特別企画「 DAZZLE × _____ 」
DAZZLE20周年記念公演「鱗人輪舞 (リンド・ロンド)」PV
2015/3/6『バラーレ』公開ゲネプロ (2015年3月)
DAZZLE公演「花ト囮」@国際フォーラム PV (2014年9月)
DAZZLE「二重ノ裁ク者」(2014年1月 記者会見時パフォーマンス)
DAZZLE「花ト囮」ファジル演劇祭フィナーレ(イラン・テヘラン) (2012年2月)
DAZZLE「Re:d」TRAILER (2011年11月)
DAZZLE「花ト囮」シビウ演劇祭フィナーレ (2011年5月)
DAZZLE「0NE」TRAILER (2010年10月)

※2018年12月3日現在
posted by DAZZLE at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メンバーブログ