2017年07月29日

イマーシブシアター Touch the Dark 【 よくあるご質問 】


DAZZLE
イマーシブシアター「Touch the Dark」に関する
【よくあるご質問】をまとめました


●チケット購入に関して

Q. 一度に何枚買えますか?

A. システム上、1公演ごとの決済となり、 一般チケット上限5枚まで または プレミアムチケット上限2枚までどちらかの選択となります。

例)
8/30(水) 18時
一般 3枚 購入

決済

再び
8/30(水) 18時
プレミアム 1枚 購入

決済

再び
9/1(金) 15時
一般 2枚 購入

決済...というように、一度決済して頂ければ購入総数の制限はございませんし、残数がある限りどの公演を何枚でもご購入頂けます。


Q. 代理購入できますか?

A. ご来場当日に必要なのは
  【購入者の名前】【チケット番号】です。

例)
Aさんが代表して9/2(土)21時の回をBさんとCさんの分、合わせて3枚購入

当日窓口にて購入者である【Aさんの名前】と3枚それぞれに割り当てられた【チケット番号】を確認しますので、全員揃って入場できなくても構いませんが、Bさん、Cさんも購入者である【Aさんの名前】と自分の分である【チケット番号】を提示できるようご準備してからご来場ください。

★ただし、今回はチケット購入者限定の事前体験
「Phone Call from Touch the Dark」「オリジナル診察券プレゼント」など【購入者の電話番号】【購入者のメールアドレス】が必要な特典をご用意しております。
今回は座席指定があるわけではなく、場内でもご友人と別行動となる可能性が高いため、連番である意味は特にありません。
特典を楽しんで頂くためにも是非、個別での購入をお勧めします。


Q. どのような支払い形態を利用できますか?

A. 各種クレジットカード(visa, master, jcb, amex)及び銀行振込をご利用頂けます。


Q. プレミアムチケットとは?

A. 一般チケットの方とは一部、異なる体験ができるチケットとなっております。
特別に違う景色を見ることができたり、プレミアムチケット限定のダンスシーンを見ることができたり、更には一般チケットでは貰えない限定グッズのプレゼントもあります。
より一層、ドキドキしたい方は是非、プレミアムチケットをご検討ください。


●チケット購入者限定の事前体験に関して

Q. 音声電話はいつかかってきますか?

A. 時間はランダムとなっており、いつ着信があるとは断定できません。
また、体験希望者は非通知の電話を着信できるよう期間中は非通知拒否設定を解除する必要があります。


Q. チケットを複数枚購入した場合はどうなりますか?

A. 同じ電話番号に同内容の着信は1度きりとなりますので予めご了承ください。


Q. 音声電話を取り損ねた場合はどうなりますか?

A. 留守番電話契約をしている方の場合はそのまま留守番電話に録音されます。
それ以外の方に関してはシステム上、申し訳ありませんが掛け直すことができないので予めご了承ください。


●イマーシブシアターに関して

Q. そもそもイマーシブシアターって何?

A. 2000年代にロンドンから始まった "体験型演劇作品" の総称で、旧来の「観客が客席に座り、舞台上の演者を鑑賞する」というシステムを打破し、新たな作品と観客の関係性を作り出すことに成功。ロンドン・ニューヨークで数多くの作品が上演され、大成功した作品によって、舞台の新しいムーブメントとして注目されている。ほとんどの場合観客は席に座らず自らの足で歩き、演者と同じ空間に同居し、物語の一部として作品に参加することができます。


Q. 演者に触っていい?

A. 演者と観客はその場に共存することになりますが、演者には決して話しかけたり触れたりしないでください。逆に演者からはあるかもしれません...!


Q. カバンなど荷物、服装の注意はありますか?

A. お荷物は安全上の問題により受付で預けて頂きますが、その際にナップザックをお渡ししますのでそちらに貴重品だけ入れ、場内ではそちらだけをお持ちください。
また、照明が暗いなか地上3階、地下1階を階段で移動して頂く為、ハイヒールは大変危険ですので、ヒールのない靴でのご来場をチケット購入時の免責事項として同意をお願いしております。
なお、今回の演出上、できるだけ【黒めの服装】 でいらして頂けるとより一層、自分がストーリーに溶け込む一体感が得られると思いますので、是非、ドレスコードとして意識してご来場頂ければ幸いです。


Q. 写真撮影可能ですか?

A. 基本的には外観・会場内とも撮影禁止ですが、会場内に写真撮影可能な場所がありますので、そこだけは撮影できます。またその写真をSNSにアップして頂いても問題ありません。また、今回は契約上、そして演出上、住所が非公開となっておりますので、会場外観含め住所や会場詳細のSNSへのUPはお控え頂きますようご協力を何卒お願い致します。


Q. 会場内でもしも気分が悪くなったら?

A. 気分が悪くなったり、トイレに行きたいなどやむを得ない場合は、ご遠慮なく会場内のスタッフにお声がけ下さい。


以上になります。

他ご質問などございましたらお気軽に

touchthedark2017@gmail.com

までお問い合わせください。
※回答に時間がかかる場合があることを予めご了承ください



NEW!!
-----
イマーシブシアター
Touch the Dark タッチ・ザ・ダーク


その病院は、
おかしなところが何もなかった。

入っていった者より、
出て来た者の数が少ない?
病院は人生の終着駅になることもある。

患者の死に抗う、誠実な院長がいた。
あらゆる治療を施し、
命を守るためには手段を選ばなかった。

必ず助ける。

仮に肉体が温もりを失ったとしても、
彼は決してあきらめなかった。

まだ、救う方法があるはずだ。
彼女が目を覚ますための、方法が。

このように、この病院には、
おかしなところは何もない。

さあ、安心して、ご来院を。


S__14598197.jpg

日程:2017年8月25日(金) 〜 9月3日(日)

時間:
スクリーンショット 2017-06-09 16.28.37.png

場所:非公開
※東京都渋谷区、新宿寄りの会場です。
※会場との契約上、また演出の都合上、チケットをご購入頂いた後に住所などお知らせさせて頂きます。

チケット:7月29日(土) 午前11時〜 特設サイト内にて発売決定!
一般 5,000円 / プレミアム 8,000円
平日昼公演(全5回)は一般 3,500円 / プレミアム 6,500円

※金額は全て税込価格
※DAZZLEオリジナル販売システム、チケットレスシステム導入

出演: DAZZLE
客演メンバー:キャスト交代制の役柄もあり出演しない場合もあります。ご了承下さい。
青木仁美、阿部昌、新井菜央、池上明杜、岩下朱里、小川原紅奈
加藤花奈、香取康志、河合国広、川上俊映、佐藤航、澤村圭子、鈴木麻衣子、林智也
星野梓、増田美咲、村尾太陽、村松久瑠美、吉澤光雄、吉浜あずさ (五十音順)

主催:株式会社DAZZLE
協力:株式会社SMAG株式会社 電通

プレスリリースはコチラ


特設サイト
http://www.touchthedark.jp


PV
第一弾
360VR
https://youtu.be/yVNLkuFLt_s
point of view shot
https://youtu.be/4QTsU605nqQ

第二弾 【FLOWER】
https://www.youtube.com/watch?v=n4MvWJnmLwU

第三弾 【CHAIN】
https://www.youtube.com/watch?v=z_EOnBGpqao

第四弾 【HAND】
https://www.youtube.com/watch?v=3IUMhq0n-bA




-----
※DAZZLEメールマガジンについてお知らせ
今まで不定期で配信させて頂いておりましたメールマガジンですが、
2017年元日を持ちまして終了させて頂きました。
今後は以下オフィシャルサイトをチェックして頂ければ幸いです。
ご登録頂いていた皆様、今までご愛読ありがとうございました。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。


★DAZZLE★
official YouTube
official website 
official blog
official facebook
official instagram
official twitter


information
-----
出演情報
終了しました。ありがとうございました!
アスタナ国際博覧会 ジャパンデー
日時:2017年7月22日(土) 10:00〜21:30 ※現地時間(日本時間から−3時間)
会場:アスタナ国際博覧会 会場内 ナショナルデーステージ
出演:三味線プレイヤー 上妻宏光(プロデューサー)雅楽師 東儀秀樹(スペシャルアドバイザー)日本舞踊家 花柳寿楽


イベント情報
NEW!! EXHIBITION GUEST決定!
LEGEND TOKYO Chapter.7
日時:2017年
8月19日(土) 16:00 OPEN / 17:00 START / 21:00 END
8月20日(日) 12:30 OPEN / 13:30 START / 19:00 END
会場:東京国際フォーラム・ホールA
   東京都千代田区丸の内3-5-1 JR有楽町駅より徒歩1分
チケット:コチラよりご確認ください。

終了しました。ありがとうございました!
FINAL LEGEND V
日時:2017年5月5日(金・祝) 18:30〜、6日(土) 11:30〜 / 16:30〜
会場:浅草公会堂 東京都台東区浅草1-38-6

終了しました。ありがとうございました!
静岡ストリートシアターフェス ストレンジシード2017
日程:2017年5月5日(金・祝)〜7日(日) ※DAZZLEは7日のみ出演
会場:静岡市・JR静岡駅から徒歩10分 市役所ステージ

終了しました。ありがとうございました!
DAZZLE 20周年記念写真集 発売記念写真展 ※入場無料
日時:4月1日(土)、2日(日) 両日ともに12時〜18時
場所:松崎ビル(旧松崎煎餅本店)
   東京都中央区銀座4−3−11 3階
主催:株式会社DAZZLE / 株式会社SMAG

終了しました。ありがとうございました!
DAZZLE20周年感謝祭
〜20周年ありがとうございました!本年も宜しくお願い致します!〜
日程:2017年1月21日(土) 全2回
会場:GOBLIN.千駄ヶ谷


DAZZLE振付情報
宇宙初公演は終演しました。ありがとうございました!
手塚治虫 生誕90周年記念
「Amazing Performance W3(ワンダースリー)」

原作:手塚治虫 漫画 W3(ワンダースリー)
構成・演出:ウォーリー木下
日程:宇宙初公演 2017年7月1日(土)〜9日(日)
本公演
2017年11月3日(金)〜12月22日(金) / 2018年2月〜3月4日(日)
※上演時間70分(予定)
会場:DDD青山クロスシアター
東京都渋谷区渋谷1-3-3 ヒューリック青山第2ビル B1F
料金:6,500円(税込) ※全席指定 ※未就学児入場不可
詳細はコチラをご確認ください
主催:Amazing Performance W3 実行委員会
ニッポン放送、読売広告社、シーエイティプロデュース、手塚プロダクション、キューブ、フラックス

終演しました。ありがとうございました!
夏木マリさん公演「印象派NÉO vol.3 不思議の国の白雪姫
日時場所:
東京>2017年3月9日(木) - 3月12日(日) @世田谷パブリックシアター
京都>2017年4月2日(日) @ロームシアター京都
PARIS>2017年4月25日(火) @ルーヴル美術館 AUDITORIUM

終演しました。ありがとうございました!
関東大学学生ダンス連盟Σ 第26回連盟公演
THE SQUAD
日程:2017年3月17日(金)〜19日(日) 全4公演
会場:戸田市文化会館
2017年 第26回連盟公演CMはコチラ


舞台情報
終演しました。ありがとうございました!
BLUE VOL.05 〜めぐる〜
日時:2017年2月18日(土)13:00〜 / 17:00〜 19日(日)14:00〜 計3回公演
会場:リンクステーションホール青森(青森市文化会館)
第一部 重力の枷 監修:長谷川達也 from DAZZLE 脚本:長谷川達也
 出演 BLUE TOKYO / 青森大学 / 青森山田高校 / BLUE TOKYO KIDS / 長谷川達也
第二部 男子新体操エキシヴィジョン
 出演 BLUE TOKYO KIDS / 青森山田高校 / 青森大学 / 他

終演しました。ありがとうございました!
東京国際フォーラム開館20周年記念事業
『上妻宏光 日本流伝心祭 クサビ-楔- 其ノ五』ゲスト出演!
日時:2017年1月1日 [元日] OPEN 15:00 / START 16:00
会場:東京国際フォーラム ホールA [東京都千代田区丸の内3丁目5番1号]
出演:三味線プレイヤー 上妻宏光、歌舞伎俳優 市川九團次、歌手 由紀さおり太鼓奏者 林英哲歌舞伎囃子方 田中傳次郎MIYAVIDAZZLE


メディア出演情報
[RADIO]bayfm78「スペシャRISE↑」 3月20日(月) &27日(月) 25:00〜25:30 (長谷川達也)
[WEB]metropolitana「《千駄ヶ谷》結成20周年の「DAZZLE」が1月21日にファンイベント 30日からチケット発売
[WEB]metropolitana「《東池袋》結成20周年のダンスカンパニー「DAZZLE」が記念公演「鱗人輪舞」開催
[WEB]トウキョウダンスマガジン「DAZZLE20周年記念鼎談 長谷川達也(DAZZLE)×住吉佑太(鼓童)×大舌恭平(BLUE TOKYO)
[雑誌]新書館「ダンスマガジン2016年11月号 鼓童創立35周年記念コンサート 「第3夜〜飛翔〜」 坂東玉三郎が演出を手がけた和太鼓とダンスの意欲的なコラボレーション!
[雑誌]日之出出版「Dance SQUARE vol.15
[WEB]朝日新聞DIGITAL「私の一枚」 (長谷川達也インタビュー)
[WEB]ダンサーズ「ダンスは僕の人生で誇れるもの」 (長谷川達也インタビュー)
[WEB]metropolitana「路上パフォーマンスで結成20周年記念公演をPR ダンスカンパニー「DAZZLE」
[TV]CSダンスチャンネルにて2ヶ月連続でDAZZLEの代表する公演作品をお届け!詳細はコチラをチェック!
[WEB]萩庭桂太 YOUR EYES ONLY「踊る男・見つめる女 ダンス・カンパニー DAZZLE (ダズル)」 ※5日連続特集
[WEB]PRESIDENT WOMAN Online「次世代イケメン紳士録 後編『アイデアが枯渇しない』いいチームの秘訣とは?」 (長谷川達也インタビュー)
[WEB]PRESIDENT WOMAN Online「次世代イケメン紳士録 前編『坂東玉三郎も注目した「DAZZLE」のダンスが凄い理由』」 (長谷川達也インタビュー)
[雑誌] 日之出出版「Dance SQUARE Vol.13」 (船橋裕一郎(鼓童)×大舌恭平(BLUE TOKYO)×長谷川達也 対談)
[雑誌] 新書館「ダンスマガジン 2016年7月号」 (座談会 船橋裕一郎(鼓童)×大舌恭平(BLUE TOKYO)×長谷川達也 「融合から生まれる新しい世界」)
[雑誌] 太田出版「クイックジャパン vol.125」 (飯塚浩一郎が手がけるアパレルブランド "MUBAC"記事)
[WEB]billboard JAPAN「ストリート、ブレイクダンスとコンテンポラリーダンスの融合を魅せたイマ・イドゥオセー、DAZZLE」 (舞台レポート / 写真多数)
[WEB]考えるあかり「Where is the light? “越境する”ダンスカンパニー「DAZZLE」
[WEB]CINRA.NET「もっと流行ってもいい。想像を超えるコンテンポラリーダンス入門」 (長谷川達也インタビュー)
[WEB]アートWEBマガジン「創造都市横浜」 (長谷川達也インタビュー)
[冊子]京成らいん7月号 連載ページ「プラットホームで会いましょう」 (長谷川達也インタビュー)
[TV]CSダンスチャンネル「カリスマ go to SKOOL!」 (長谷川達也ゲスト)
[雑誌] 太田出版「クイックジャパン vol.118」 (DAZZLEメンバー全員インタビュー)
[雑誌] 日之出出版「ダンススクエア vol.5」 (DAZZLEメンバー全員インタビュー)
※3月27日に発売されたダンススクエアvol.6にも舞台「バラーレ」の記事があります。
[雑誌] 新書館「ダンスマガジン4月号 連載企画「稽古場のダンサーたち」」 (長谷川達也インタビュー)
[web] シアタークリップ「玉三郎演出『バラーレ』でDAZZLEが見せた新境地
[web] Allabout「DAZZLEが玉三郎と挑む『バラーレ』。長谷川達也に聞く」(長谷川達也インタビュー)
[web] トウキョウダンスマガジン「舞台「バラーレ」・「BLUE VOL.03」合同特集 坂東玉三郎氏x長谷川達也
[web] Spotlight「人間国宝・坂東玉三郎絶賛!【世界の演劇祭で大活躍】世界一『美しい』ストリートダンスとは!?
[web] SANKEI EXPRESS『玉三郎演出 DAZZLE『バラーレ』 ジャンル超え新たなダンス
[web] SANKEI EXPRESS『「BLUE TOKYO」青森公演(上) 新体操+ダンス 新感覚の舞台
[web] SANKEI EXPRESS『「BLUE TOKYO」青森公演(下)新たな舞台芸術の可能性

youtube
DAZZLE OFFICIAL YouTube
20周年記念特別企画「 DAZZLE × _____ 」
DAZZLE20周年記念公演「鱗人輪舞 (リンド・ロンド)」PV
2015/3/6『バラーレ』公開ゲネプロ (2015年3月)
DAZZLE公演「花ト囮」@国際フォーラム PV (2014年9月)
DAZZLE「二重ノ裁ク者」(2014年1月 記者会見時パフォーマンス)
DAZZLE「花ト囮」ファジル演劇祭フィナーレ(イラン・テヘラン) (2012年2月)
DAZZLE「Re:d」TRAILER (2011年11月)
DAZZLE「花ト囮」シビウ演劇祭フィナーレ (2011年5月)
DAZZLE「0NE」TRAILER (2010年10月)

※2017年7月29日現在
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180477735

この記事へのトラックバック