2018年04月06日

DAZZLEメンバーブログ -三宅一輝-


こんばんは。一輝です。

早いものでシンガポールから帰国してはや1週間以上が経ちました。
DAZZLEはBOTANと共に「TRUE COLOURS アジア太平洋障害者芸術祭」でパフォーマンスし、しっかりと会場を沸かせてきました。

日本財団のHPをご覧になった方はご存知かもしれないですが、今回、僕は演者ではなく "演出助手" という、サポート役としてこの遠征に同行させて頂きました。
そんな大それた肩書きの通り、皆さんのお役に立てたかはわからないですが、1月から毎週始まった稽古にも参加し、より良い作品になる為のサポートをと日々、BOTANとも向き合ってきました。

僕自身、小学校の時にダウン症のクラスメイトがいたので学校生活を共に過ごしたり、ろう学校や養護学校に教育実習に行ったりと、障害のある方と接する事が今までもあったので、日常生活での接し方に戸惑いや不安はあまりなかったのですが、『一緒に踊って、作品を作り上げる』という未知なる挑戦に対しての不安はありました。

でも、毎回の練習の中で、不安なところはメンバー通しのコミュニケーションで解消出来ましたし、結果として良いチームワークが生まれ自然と作品の質も高まりました。これは今回に限ってではなく、DAZZLEで作品を作り上げる過程でも変わらない事なので、障害やハンデの有無に関わらず作品作りは出来るんだなと今回、学べました。

また、僕はカウントマンとしての重役もありました。BOTAN全員が聴覚障害者ではないのですが、まずメンバーとの距離を縮める為に覚えた手話は "おはよう" などの簡単な挨拶ではなく "数字" の手話でした。演技中に耳が聞こえないメンバーへ向けて、手話でカウントを出して合図を送る役目です。
結果として、BOTANの練習と努力の賜物により本番中のカウント出しは必要なくなったのですが、練習中、振付を教えたりアドバイスをする時には特に必要でした。

手話の数字の表現で8カウントを繰り替えすのですが、言葉では「フォーエイト(8カウントが4回)」とすぐ伝えられる事も "何回目の1" と伝えたり、「8エン」など裏のカウントを表す手話が無かったので "8と1の間" と伝えたり、プロの手話通訳の方も表現に少し戸惑うほど苦労しました。
また、彼らは曲のニュアンスで覚えるよりもカウントで覚える事の方が重要なので、カウントの指示に対し、一回で間違わずにしっかりと覚えていたことがとても印象的でした。

今回のコラボレーションを経て、自分自身、障害に対する理解があったと思っていましたが、やはりまだまだ知らない事が本当にたくさんありました。
BOTAN全員には聞けませんでしたが、自身の障害についてや過去の話、普段の活動の話などを聞く中で、それぞれのメンバーの苦労や障害と踊りに対する想いを聞くことができました。

先にも書きましたが、最初の不安に反し、障害の有無にかかわらず、共に作品を作り、一緒に踊ることが出来るんだなと今回、学べました。
今後はただDAZZLEの作品を踊るのではなく、より個々の個性を引き出しながら "BOTAN×DAZZLE" の可能性をさらに追求し、日本や世界に対してメッセージを発信し続けられたらと思っています。


最後にカウントの仕方を紹介します。

S__39755788.jpg

S__39755789.jpg

左→右
1、2
3、4
5、6
7、8
です。



-----
★DAZZLE★
official YouTube
official website 
official blog
official facebook
official instagram
official twitter
-----



information
-----
出演情報
SUPERSWAN 新演出『白鳥の湖』全2幕
出演者:西島数博、長谷川達也、宮川一彦、金田健宏、南雲篤史、高田秀文、Ewen Chiu、Dennis Chen他
日時:開場は30分前
6月30日(土) 18時〜
7月1日(日) 13時〜 / 17時〜
場所:豊洲シビックセンターホール
チケット:全席指定 6歳から入場可
SS席8,000円 / S席6,000円
※SS(前方)席はプレゼント付、公演当日に会場にてお渡しします
★3月10日(土)10時〜 好評発売中!
江東区豊洲文化センター:03-3536-5061‬‬ (9:00〜21:00、第2・4月曜日休館)
https://www.kcf.or.jp/toyosu/‬‬
チケットぴあ:0570-02-9999‬‬ [Pコード]485234
http://ticket.pia.jp/pia/event.ds?eventCd=1809864


終了しました。ありがとうございました!
日本財団、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)主催
TRUE COLOURS アジア太平洋障害者芸術祭

日時:2018年3月23日(金)〜25日(日) 1日1ステージ 計3公演
場所:シンガポール・インドア・スタジアム
チケット:こちらのサイトをご確認ください ※英語サイトのみ


舞台情報
NEW!!
Hibiya Festival「The Stage」出演
新作舞台「ピノキオの嘘」披露
日時:OPENはそれぞれ30分前 2日間 1日2回 合計4公演
4月27日(金) 15時〜 / 19時〜
4月28日(土) 13時〜 / 17時〜
場所:東京ミッドタウン日比谷 (2018.2.1竣工)
チケット:5,000円 一律
発売サイト:2018年2月27日(火) 午前10時〜 発売中
http://l-tike.com/order/?gLcode=33127
主催:三井不動産株式会社、一般社団法人日比谷エリアマネジメント
協力:帝国ホテル、東宝株式会社、公益財団法人 ニッセイ文化振興財団(日生劇場)、株式会社ニッポン放送 他
「Hibiya Festival」詳細はコチラの三井不動産リリースをご覧ください

2017年8月25日(金)〜9月3日(日)
2017年10月26日(木)〜10月29日(日)
イマーシブシアター Touch the Dark


DAZZLE振付情報
赤レンガサイト及び崎陽軒サイトから動画をチェックできます!
企業・地域と劇場をつなぐ 赤レンガ・ダンスプロジェクト
株式会社崎陽軒 創業110周年記念事業
オリジナルダンス制作・振付:DAZZLE

終了しました。ありがとうございました!
手塚治虫 生誕90周年記念
「Amazing Performance W3(ワンダースリー)」

原作:手塚治虫 漫画 W3(ワンダースリー)
構成・演出:ウォーリー木下
日程:2018年2月9日(金)〜3月4日(日)
会場:DDD青山クロスシアター


メディア出演情報
フジテレビ「1Hセンス」 (長谷川達也)
T JAPAN闇に呑まれ、闇に酔いしれる。DAZZLEが放つ体験型演劇 Touch the Dark
ダンスニュースメディアサイト Dews『【ネタばれなし】リピーター続出で全公演完売!DAZZLEによる”体験型公演”「Touch the Dark」が開幕。9/3まで』
withnews『没入感ハンパない!廃病院で体感、新感覚のイマーシブシアターが登場』
トウキョウダンスマガジン
『DAZZLE公演「Touch the Dark」特集 長谷川達也×上妻宏光』
 (長谷川達也)

youtube
DAZZLE OFFICIAL YouTube
20周年記念特別企画「 DAZZLE × _____ 」
DAZZLE20周年記念公演「鱗人輪舞 (リンド・ロンド)」PV
2015/3/6『バラーレ』公開ゲネプロ (2015年3月)
DAZZLE公演「花ト囮」@国際フォーラム PV (2014年9月)
DAZZLE「二重ノ裁ク者」(2014年1月 記者会見時パフォーマンス)
DAZZLE「花ト囮」ファジル演劇祭フィナーレ(イラン・テヘラン) (2012年2月)
DAZZLE「Re:d」TRAILER (2011年11月)
DAZZLE「花ト囮」シビウ演劇祭フィナーレ (2011年5月)
DAZZLE「0NE」TRAILER (2010年10月)

※2018年4月6日現在
posted by DAZZLE at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メンバーブログ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182894725

この記事へのトラックバック