2018年07月30日

DAZZLEメンバーブログ -長谷川達也-


「今年は梅雨が短かったでしょ?だから僕は猛暑も意外と早く終わるんじゃないかって思ってるんですよ」

そう言ったのは、”災害レベル”とまで言われる今年のとある猛暑日に乗車した、タクシーの運転手でした。
自身の勘か、それとも何かで得た情報かはわからないけど、なんだか妙に説得力を帯びたその言葉に相槌を打つと、
快適な温度を保った車内は、きっとこの先もう二度と会う事はない見ず知らずの二人にとっての、束の間の社交場に姿を変えます。

「でもね、僕はタイに3年間住んでいたことがあるんだけど、あっちの暑さに比べたらまだまだですよ。」
タイ語が堪能な彼は、向こうの言葉と日本語と、お客である僕に対する敬語に、年下であることを察して出る友達口調を絶妙に交じえながら現地での話を聞かせてくれた。

かく言う僕も過去に一度だけタイに行ったことがある。
それは、僕が尊敬するダンサーであるSAMさんが所属するアーティスト…
って、これはもはや説明する必要もないですね。笑

そう、TRFの当時2009年にリリースされた「Where to begin」のPV撮影に参加させていただいた時のことです。

Where to begin
https://www.youtube.com/watch?v=f8fNN_MKpII
9年前の自分。若い。見つけられますか?

うだるような暑さ…というような記憶はないので、その時期のタイはもしかしたら乾期だったのかもしれませんが、それでも僕が行ったバンコクは北緯13度と、東京に比べればずっと赤道に近い。
暖かい気候の国であることは間違いないし、そんな国で、しかも野外でダンスの撮影となれば、やはり暑くもなります。
現地入りする直前に東京で行われていたリハーサルでは、その時点で既に暑かったのにも関わらず、空調を暖房に設定するなどの暑さ対策を講じながら練習を重ねていて、そんな当時の風景がこのブログを通じてふと蘇ってきました。

暑さは我々身体表現を生業とする者たちにとって敵となり得ますが、必ずしも悪いことばかりではありません。
筋肉は暖かい方が良く動くのは周知の通り、特に動き始めは暖かい方が理想的です。
もちろん限度はあるものの、体温が上昇することは身体ばかりでなく、精神的にもプラスに働くことがあります。
例えば体温が1度上がるだけで免疫力は高まり、パフォーマンスも向上、思考もポジティブになるんだとか。
南国の人が陽気だと言われるのは、きっとこの気温が影響しているように思いますし、夏が解放的な気分になるのもきっと同じような理由なのではないでしょうか。

とはいえ40℃を超えるような暑さともなると、流石に毒ですね。
世界には最高気温が71℃を観測したという嘘みたいな国(ジブチ共和国/アフリカ北東部)もあるそうで、それに比べればずっとマシなんでしょうけど…というか比較したところで暑いものは暑い。

思い出す限り一番暑かったDAZZLEでの本番は、2015年の8月に参加した「Dance Dance Dance@ YOKOHAMA 2015」の野外ステージでしょうか。あの時も相当の暑さで、鉄板のように熱せられた床は、裸足で踊る僕らにとっては非常に過酷な環境だったことも思い起こされます。



さて、そんな今年の夏はと言えば、この文章の流れから見てもお分かりでしょう。

そうです、出演させていただきます。

今年は8月、佐渡島で開催されます

EARTH CELEBRATION 2018

に4年ぶりに参加いたします。

messageImage_1525939315496.jpg

前回はDAZZLEでの参加でしたが、今回は信治と2人。

野外での暑さに対する不安は多少ありますが、それよりもとにかく楽しみで仕方がない。
鼓童の皆さんが打ち鳴らす和太鼓の響きに身を委ね、思う存分に夏を満喫してきたいと思っています。

僕らが出演するのは
8月17日(金)
ハーバーマーケットライブ『鼓童 Dance Night〜CHAKKA FES〜』
https://www.earthcelebration.jp/event/friday/

CHAKKAとはもちろん”着火”のこと。
僕たちの熱いパフォーマンスで、会場の皆さんの心にも火をつけられたら、とキザなセリフで締めくくりたいと思います。



-----
★DAZZLE★
official YouTube
official website 
official blog
official facebook
official instagram
official twitter
-----



information
-----
ゲスト出演情報
NEW!!
EARTH CELEBRATION 2018
ハーバーマーケットライブ「鼓童 Dance Night〜CHAKKA FES〜」
【CHAKKA FES】[音]チャッカフェス

出演:PInO、TATSUO、長谷川達也(DAZZLE)、荒井信治(DAZZLE)、佐藤喬也(BLUE TOKYO)、松田陽樹(BLUE TOKYO)、石井侑佑(BLUE TOKYO)、鼓童(中込健太、蓑輪真弥、小松崎正吾、住吉佑太、三浦康暉、池永レオ遼太郎、大塚勇渡、米山水木、小平一誠、前田順康、木村佑太、平田裕貴)

日時:8月17日(金) 19:00開演/21:00終演(予定)※雨天決行
場所:小木みなと公園 特設ステージ
チケット:6月15日(金) 9:30より発売 詳細はコチラよりご確認ください
大人 5,000円、小中学生1,500円(当日+300円) ※未就学児童は無料
ハーバーマーケットライブ3日間通し券 13,500円(大人のみ)
定員:1,200名(全席自由) 2部構成(2部はスタンディングライブとなります)

終演しました。ありがとうございました!
SUPER SWAN 新演出『白鳥の湖』全2幕
出演者:西島数博、長谷川達也、宮川一彦、金田健宏、南雲篤史、高田秀文、Ewen Chiu、Dennis Chen他
日時:6月30日(土) 、7月1日(日)
場所:豊洲シビックセンターホール

終了しました。ありがとうございました!
ストレンジシード
日程:5月5日(土) 、5月6日(日)
場所:静岡・市役所前ステージ

終了しました。ありがとうございました!
日本財団、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)主催
TRUE COLOURS アジア太平洋障害者芸術祭
日時:2018年3月23日(金)〜25日(日) 1日1ステージ 計3公演
場所:シンガポール・インドア・スタジアム
チケット:こちらのサイトをご確認ください ※英語サイトのみ


舞台情報
オーディションで選ばれたメンバーと共に再演!
Dance Dance Dance@YOKOHAMA 2018
ピノキオの嘘

日程:2018年9月8日(土)15時〜/19時〜、9日(日) 15時〜
開場は開演の30分前 / 上演 約90分
場所:横浜赤レンガ倉庫1号館 3階ホール
チケット:全て完売しました
主催:
主催横浜赤レンガ倉庫1号館(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団) / 横浜アーツフェスティバル実行委員会
問い合わせ: DDD チケットセンター 045-453-5080
平日10:00-18:00 / 土10:00-15:00 / 日曜・祝日休
http://geikyo.pia.jp/ddd/

終了しました!ありがとうございました
「ピノキオの嘘」(Hibiya Festival「The Stage」出演)
日程:4月27日(金) 、4月28日(土)
場所:東京ミッドタウン日比谷

終了しました。ありがとうございました!
イマーシブシアター Touch the Dark
2017年8月25日(金)〜9月3日(日)
2017年10月26日(木)〜10月29日(日)


DAZZLE振付情報
NEW!!
DAZZLE 主宰 長谷川達也他DAZZLEメンバーが一部、振付を担当しております
浅田真央サンクスツアー
日時:
7月21日(土)&22日(日) 月寒体育館スケート場(北海道)
8月18日(土)&19日(日) 笠松運動公園アイススケート場(茨城)
9月7日(金)〜9日(日) 埼玉アイスアリーナ(埼玉)
その他、全国多数の都道府県で開催予定
詳細はコチラよりご確認ください

赤レンガサイト及び崎陽軒サイトから動画をチェックできます!
企業・地域と劇場をつなぐ 赤レンガ・ダンスプロジェクト
株式会社崎陽軒 創業110周年記念事業
オリジナルダンス制作・振付:DAZZLE

終了しました。ありがとうございました!
手塚治虫 生誕90周年記念
「Amazing Performance W3(ワンダースリー)」

原作:手塚治虫 漫画 W3(ワンダースリー)
構成・演出:ウォーリー木下
日程:2018年2月9日(金)〜3月4日(日)
会場:DDD青山クロスシアター


メディア出演情報
NEW!! 日本経済新聞出版社「フリーランス&“複"業で働く! 完全ガイド 」(日経ムック) 一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会 (飯塚浩一郎)
NEW!! AdverTimes(アドタイ) 連載「国民総ダンサー時代前夜に考える、ダンスとクリエイティブの幸福な関係」 (飯塚浩一郎)
日本財団DIVERCITY IN THE ARTS アーティスト・インタビュー (長谷川達也)
日本財団DIVERCITY IN THE ARTS DAZZLE稽古場レポート2
日本財団DIVERCITY IN THE ARTS DAZZLE稽古場レポート1
フジテレビ「1Hセンス」 (長谷川達也)
T JAPAN闇に呑まれ、闇に酔いしれる。DAZZLEが放つ体験型演劇 Touch the Dark
ダンスニュースメディアサイト Dews『【ネタばれなし】リピーター続出で全公演完売!DAZZLEによる”体験型公演”「Touch the Dark」が開幕。9/3まで』
withnews『没入感ハンパない!廃病院で体感、新感覚のイマーシブシアターが登場』
トウキョウダンスマガジン
『DAZZLE公演「Touch the Dark」特集 長谷川達也×上妻宏光』
 (長谷川達也)

youtube
DAZZLE OFFICIAL YouTube
20周年記念特別企画「 DAZZLE × _____ 」
DAZZLE20周年記念公演「鱗人輪舞 (リンド・ロンド)」PV
2015/3/6『バラーレ』公開ゲネプロ (2015年3月)
DAZZLE公演「花ト囮」@国際フォーラム PV (2014年9月)
DAZZLE「二重ノ裁ク者」(2014年1月 記者会見時パフォーマンス)
DAZZLE「花ト囮」ファジル演劇祭フィナーレ(イラン・テヘラン) (2012年2月)
DAZZLE「Re:d」TRAILER (2011年11月)
DAZZLE「花ト囮」シビウ演劇祭フィナーレ (2011年5月)
DAZZLE「0NE」TRAILER (2010年10月)

※2018年7月30日現在
posted by DAZZLE at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メンバーブログ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184052297

この記事へのトラックバック