2018年12月28日

DAZZLEメンバーブログ -長谷川達也-


明日死ぬかのように生きよ。
永遠に生きるかのように学べ。
マハトマ・ガンジー


2018年が間もなく終わります。
時の流れは過去も現在も変わらないはずなのに、その時間感覚は一定ではありません。
終わってみれば1年は瞬く間に過ぎたように思いますが、1日に焦点を合わせると途方もなく長く感じることもあります。

時間の感覚の差異は、脳が処理する情報の量に左右されるそうです。
情報が多ければ多いほど、理解するために時間が必要になりますから、その分、経過は遅く感じる。
それ故、新しい出会いや刺激に溢れていた若かりし日々は、夏休みがまるで永遠に続くかのようだった、と。

大人になって様々な事柄を理解していくと、情報は処理する必要がなくなります。
新しい発見がない時間は、一瞬で過ぎ去る。
年を追うごとにその経過が早く感じるのは、そうした脳や心の働きによるもの。
時間と記憶は密接なんですね。

しかしながら、ここまでの話は過ぎ去りし時間を”振り返った”場合の感覚です。

1日に焦点を合わせると、その時間感覚は全く逆になります。
今にして思えば、確かに夏休みは長かったように思うけれど、あの頃の自分は1日を短いと感じていた気がします。

なぜならば、楽しい時間はあっという間に過ぎ去り、退屈な時間は長いから。

これは時間の経過に対して注意が向けられるかどうかによるもので、時間を気にすればするほど経過は遅く感じらるのだそうです。何かに集中し、”時間を忘れて”いるときは、経過が早い。皆さんもきっと経験があると思います。

ということは、

退屈な時間はその瞬間は長く感じるけれど、過ぎ去った後、思い返してみても何もない、一瞬のように感じる。
楽しい時はあっという間に過ぎるけど、思い返してみると記憶に残る、時間をかけたように感じる。
と言うことでしょうか。時間とは不思議なものですね。

その時間の経過は当然、我々生きている人間にも例外なく影響を及ぼします。
ついこの間まで学生だと思っていたら、いつの間にかこんなおじさんに…いやいや、笑
誤解を恐れず言うのなら、僕は年齢よりもだいぶ若く見られることが多いです。

なぜ若く見られるのかを僕なりに考えた結果、それは
「いつも感動を追い求めているから」
という結論にたどり着きました。
常に心が動くことを探しているから、たくさんの情報を処理しようと、人よりも時間経過が遅いのかもしれません。

大人になると、昔感動していたことに感動しなくなったり、子供の頃のように泣いたり、笑ったりも少なくなります。
色々な感覚に慣れていって、動じなくなる。心の振り幅はどんどん小さくなって、ある意味、不感になっていく。
それを成長とも言うわけですが、同時に老いでもあるのです。

そして毎日が刺激のない繰り返しだと、人の心は動かないから、結果として時間経過が早い。
つまり老けるのも早いのかもしれませんね。

1年を振り返った時、思い出が少ない方は要注意かもしれません。笑


さて、僕の2018年は...

思い出に溢れています。


3月
「TRUE COLOURS アジア太平洋障害者芸術祭」

4月
Hibiya Festival
東京ミッドタウン日比谷 “Q HALL” こけら落し公演
新作舞台公演「ピノキオの嘘」

5月
静岡ストリートシアターフェス
「ストレンジシード 2018」

6月
西島数博さん演出による舞台
新演出 白鳥の湖
「SUPER SWAN」

8月
「Earth Celebration 2018」

9月
・DANCE DANCE DANCE@YOKOHAMA
「ピノキオの嘘 再演」
・東京ワンピースタワー×DAZZLE イマーシブシアター
「時の箱が開く時」

10月
京都イマーシブシアター
「岡崎明治酒場」

11月
「Touch the Dark 2018」

他にも、
崎陽軒の皆さんに振付をしたり、
浅田真央さんのアイスショウで初めてフィギュアスケートの振付にも挑戦させてもらいました。
また、東方神起のライブや、24時間テレビでの振付、
上妻宏光さんの新曲「AKATSUKI」MV出演、並びにテレビ朝日「題名のない音楽会」出演など、
貴重な経験ばかり。


目を閉じればすぐに浮かんでくる光景の数々。
つい昨日のことのように思い出せるのに、随分昔の出来事のようにも感じます。
それはとても濃密な日々でした。
たくさんの素敵な出会い恵まれて、自分が作った物語、ダンスを、いつも誰かが一緒に表現してくれる。
そして何よりも、それを観てくれる人がいる。

なんと幸せなことだろうかと、改めて思います。
退屈な日なんて1日もなかった。


こうして充実した日々を送ることができるのも、応援してくれるファンの皆さんがあってこそです。
今のDAZZLEがあるのは、皆さんのおかげです。

DAZZLEを観るために作ってくれた時間が、皆さんにとって有意義なものになればと願っていますし、
それがかけがえのない思い出となってくれたら、そんなに嬉しいことはありません。

ダンスは必ずしも生きる上で必要ではないけれど、
感動という心の活力は、生きていく上で絶対に必要なものです。

そんな活力になるような表現を追求して、これからも皆さんに観てもらえるように頑張りたいと思います。


今年1年、本当にありがとうございました。
DAZZLEをご愛顧いただき、心より感謝致します。
そしてまた来年も、皆さんに感動をお届けできるように精一杯頑張りますので、
変わらぬお引き立てのほどよろしくお願い申し上げます。

長谷川達也



★2018年12月29日〜2019年1月6日まで
 DAZZLEメンバーブログはお休みとさせて頂きます



----
★DAZZLE★
official YouTube
official website 
official blog
official facebook
official instagram
official twitter
-----



information
-----
コラボプロジェクト
再演決定!
東京ワンピースタワー × イマーシブシアター
「時の箱が開く時」

PV:https://www.youtube.com/watch?v=U0EvXmHZa0I
日時:2019年1月10日(木)〜1月25日(金)
・1/10(木)、1/11(金) 開場/20:45 開演/21:15
・1/14(月・祝) 〜 1/17(木) 開場/20:45 開演/21:15
・1/18(金) @開場/17:45 開演/18:15 A開場/20:45 開演/21:15
・1/20(日) 〜 1/24(木)  開場/20:45 開演/21:15
・1/25(金) @開場/17:45 開演/18:15 A開場/20:45 開演/21:15
※1/12(土)、13日(日)、19(土)は休演
☆1/20は高田秀文の出演はありません。代わりに佐藤航が出演します。
場所:東京ワンピースタワー (東京タワー 3F〜5F)
出演:麦わらの一味、DAZZLE、他
チケット:※未就学児童入場不可
12月30日(日) AM10:00〜 レイトインチケット発売!
一般チケット5,600円(税抜)
レイトインチケット 前売4,600円(税抜) / 当日5,600円(税抜)
※レイトインチケットはオープニング演出後の入場となりますので予めご了承ください。
発売:セブンチケット/チケットぴあ

第一回 2018年9月22日(土)〜30日(日)


舞台情報
終演しました!ありがとうございました
イマーシブシアター Touch the Dark 2018
PV:https://youtu.be/Q4UtGFQ6A6A
場所:非公開(東京都渋谷区)
出演:DAZZLE、客演メンバー

第三回 2018年11月22日(木)〜12月2日(日)
第二回 2017年10月26日(木)〜10月29日(日)
第一回 2017年8月25日(金)〜9月3日(日)

withnews
没入感ハンパない!廃病院で体感、新感覚のイマーシブシアターが登場

・T JAPAN
闇に呑まれ、闇に酔いしれる。DAZZLEが放つ体験型演劇 Touch the Dark
Dews
DAZZLEによる”体験型公演”「Touch the Dark」


終演しました!ありがとうございました
Dance Dance Dance@YOKOHAMA 2018
ピノキオの嘘
日程:2018年9月8日(土)、9日(日)
場所:横浜赤レンガ倉庫1号館 3階ホール
主催横浜赤レンガ倉庫1号館(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団) / 横浜アーツフェスティバル実行委員会

終演しました!ありがとうございました
「ピノキオの嘘」(Hibiya Festival「The Stage」出演)
日程:4月27日(金) 、4月28日(土)
場所:東京ミッドタウン日比谷


ゲスト出演情報
終了しました!ありがとうございました
「明治時代にタイムスリップして伝統・アートを遊ぶ」をテーマに
京都岡崎エリアの文化施設が一夜限り、150年前の姿を取り戻す!
岡崎明治酒場
日程:2018年10月26日(金) 17:00〜23:00 ☆DAZZLEは19:30〜 / 21:00〜 (各30分)
場所:平安神宮、岡崎公園、ロームシアター京都&京都モダンテラス他
入場料:無料(ただし、一部プログラムは有料)
主催:岡崎明治酒場実行委員会 (beyond2020プログラム)

終了しました。ありがとうございました!
EARTH CELEBRATION 2018
ハーバーマーケットライブ「鼓童 Dance Night〜CHAKKA FES〜」
【CHAKKA FES】[音]チャッカフェス

出演:PInO、TATSUO、長谷川達也(DAZZLE)、荒井信治(DAZZLE)、佐藤喬也(BLUE TOKYO)、松田陽樹(BLUE TOKYO)、石井侑佑(BLUE TOKYO)、鼓童(中込健太、蓑輪真弥、小松崎正吾、住吉佑太、三浦康暉、池永レオ遼太郎、大塚勇渡、米山水木、小平一誠、前田順康、木村佑太、平田裕貴)
日時:8月17日(金)
場所:小木みなと公園 特設ステージ

終演しました。ありがとうございました!
SUPER SWAN 新演出『白鳥の湖』全2幕
出演者:西島数博、長谷川達也、宮川一彦、金田健宏、南雲篤史、高田秀文、Ewen Chiu、Dennis Chen他
日時:6月30日(土) 、7月1日(日)
場所:豊洲シビックセンターホール

終了しました。ありがとうございました!
ストレンジシード
日程:5月5日(土) 、5月6日(日)
場所:静岡・市役所前ステージ

終了しました。ありがとうございました!
日本財団、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)主催
TRUE COLOURS アジア太平洋障害者芸術祭
日時:2018年3月23日(金)〜25日(日) 1日1ステージ 計3公演
場所:シンガポール・インドア・スタジアム
チケット:こちらのサイトをご確認ください ※英語サイトのみ


DAZZLE振付情報
DAZZLE 主宰 長谷川達也他DAZZLEメンバーが一部、振付を担当しております
浅田真央サンクスツアー
日時:全国多数の都道府県で開催中
詳細はコチラよりご確認ください

赤レンガサイト及び崎陽軒サイトから動画をチェックできます!
企業・地域と劇場をつなぐ 赤レンガ・ダンスプロジェクト
株式会社崎陽軒 創業110周年記念事業
オリジナルダンス制作・振付:DAZZLE

終了しました。ありがとうございました!
手塚治虫 生誕90周年記念
「Amazing Performance W3(ワンダースリー)」

原作:手塚治虫 漫画 W3(ワンダースリー)
構成・演出:ウォーリー木下
日程:2018年2月9日(金)〜3月4日(日)
会場:DDD青山クロスシアター


メディア出演情報
2018/12/15 テレビ朝日 題名のない音楽会 (長谷川達也、金田健宏、荒井信治、南雲篤史)
日本経済新聞出版社「フリーランス&“複"業で働く! 完全ガイド 」(日経ムック) 一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会 (飯塚浩一郎)
AdverTimes(アドタイ) 連載「国民総ダンサー時代前夜に考える、ダンスとクリエイティブの幸福な関係」 (飯塚浩一郎)
日本財団DIVERCITY IN THE ARTS アーティスト・インタビュー (長谷川達也)
日本財団DIVERCITY IN THE ARTS DAZZLE稽古場レポート2
日本財団DIVERCITY IN THE ARTS DAZZLE稽古場レポート1
フジテレビ「1Hセンス」 (長谷川達也)
T JAPAN闇に呑まれ、闇に酔いしれる。DAZZLEが放つ体験型演劇 Touch the Dark
ダンスニュースメディアサイト Dews『【ネタばれなし】リピーター続出で全公演完売!DAZZLEによる”体験型公演”「Touch the Dark」が開幕。9/3まで』
withnews『没入感ハンパない!廃病院で体感、新感覚のイマーシブシアターが登場』
トウキョウダンスマガジン
『DAZZLE公演「Touch the Dark」特集 長谷川達也×上妻宏光』
 (長谷川達也)

youtube
DAZZLE OFFICIAL YouTube
NEW!! 上妻宏光 Hiromitsu Agatsuma Music Video [AKATSUKI]
20周年記念特別企画「 DAZZLE × _____ 」
DAZZLE20周年記念公演「鱗人輪舞 (リンド・ロンド)」PV
2015/3/6『バラーレ』公開ゲネプロ (2015年3月)
DAZZLE公演「花ト囮」@国際フォーラム PV (2014年9月)
DAZZLE「二重ノ裁ク者」(2014年1月 記者会見時パフォーマンス)
DAZZLE「花ト囮」ファジル演劇祭フィナーレ(イラン・テヘラン) (2012年2月)
DAZZLE「Re:d」TRAILER (2011年11月)
DAZZLE「花ト囮」シビウ演劇祭フィナーレ (2011年5月)
DAZZLE「0NE」TRAILER (2010年10月)

※2018年12月28日現在
posted by DAZZLE at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メンバーブログ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185273595

この記事へのトラックバック