2019年02月05日

DAZZLEメンバーブログ -飯塚浩一郎-


本日のブログは飯塚浩一郎です。

おかげさまで、先日DAZZLEプロデュースのワンピースタワー×イマーシブシアター「時の箱が開く時」が無事に終了しました。

初演、再演と大勢の方にご来場いただき、ありがとうございました。

ワンピースという国民的マンガを作品化する機会を得て、光栄であると同時にプレッシャーでもありました。
マンガ・アニメのキャラクターを実在化させ、さらに自分たちが共存するというのは初めてで、ワンピースの楽しい世界の中でどのようにDAZZLEらしさを発揮すべきか考えなければなりません。

DAZZLEは麦わらの一味の敵役であるべきであろうとはすぐに考えたのですが、かといって海賊というのも合わない気がする…。
それと同時並行で、オリジナルストーリーでありながら90分で物語に厚みを持たせるにはキャラクターの中に語り部が必要で、それはロビンがいいのではないか、というような議論も進んでいました。
ロビンの使命はポーネグリフを見つけ出すことですので、それに似たようなものがトンガリ島にあって、それを狙って一味も敵も集まってくるという始まりがいいのではないかと思い、敵役であるDAZZLEも科学者の集団、という設定に固まっていきました。

今回自分が書いた脚本の中で大事にしたのが「『時の箱』が何なのか誰も分からないのに、それを長い間大切に崇めている人々がいて、それを巡って運命を狂わされる人々がいる」という設定です。
何なのか実は分からないものに、時を越えて人々が執着している、という状況は現代にもたくさん存在しています。奪い合って争いが絶えない「場所」はたくさんありますし、「お金」や「核」などもそうかもしれません。
そこに、意味を感じる人にとっては大きな意味があっても、関係のない人にとってみたら何の意味もない、ものや概念たち。
「千の風になって」で「そこに私はいません」と歌われているように、「墓」などは分かりやすいですね。ある人にとっては思い入れがあるものでも、ある人にとってはただの石に過ぎない。
「なんなのか分からないものに執着する」という様はある種の悲しさと、それがゆえの切実さをたたえています。
僕が考えたのは、それらのメタファーである「時の箱」というものそれ自体に意味があるのではなく、そこに積み重ねられた想いに意味があるのではないか、そして人間が時を超越することができるとしたら、その「想い」によってのみ可能なのではないか、ということです。
今作のオリジナルキャラクターである3人は、それぞれに「時の箱」に寄せてきた想いと向き合うことで、自分の内面を露わにしていきました。

また、演者である我々も、麦わらの一味を演じたキャストたちがワンピースタワーに積み重ねた強く熱い想いに導かれていたように思います。
そして、お客様が寄せてくださった想いが、この作品に特別な力を与えてくれたようにも思います。

千秋楽でお客様のお見送りをさせていただいた時に、お客様の表情を見て、改めてこの作品を作り上げたことの意義を教えて頂いたような気がします。
また、何かしら新しい時が始まることを願わずにはいられません。

最後に、昨日発表させていただきましたが、Touch the Darkのトークショーを3月9日に開催することが決定しました。
自分たちはもちろん、たくさんのお客様の想いがつまったあの病院が、クローズしてしまう前に何かできないかと考え、急遽企画しました。
そのような事情もあり、開催日、チケット発売日まで時間がなく、申し訳ありませんが、最後にもう一度あの場所で同じ時を過ごす機会をもうけられたらと思っております。

よろしくお願いいたします。



----
★DAZZLE★
official YouTube
official website 
official blog
official facebook
official instagram
official twitter
-----



information
-----
イベント情報
NEW!!
The Final “Touch the Dark” Talk Show
公演ではなくトークショーです。
日時:2019年3月9日(土) 全2回
@13:30OPEN / 14:00START
A17:30OPEN / 18:00START
会場:都内某所(東京都渋谷区)
※チケットをご購入頂いた方にのみ、会場の詳細をお知らせします。
チケット:5,000円(税込) ★お土産付き
チケット発売日時:2019年2月9日(土) 午前10時〜
チケット発売方法:こちらTouch the Dark特設ページ内本イベントページにて発売


ご案内:
・各回60名限定
・未就学児童入場不可
・多くのお客様にご来場頂きたく、チケットは1イベントにつきお一人様1枚のみ購入可能
・お一人様につき1日2回のイベント両方に参加可能
・お支払いはクレジットカードのみ
・残席がある場合は当日券も発売予定
チケット購入時にご案内します注意事項及び免責事項を必ずご一読頂いた上でチケットをご購入ください。お客様都合のチケットキャンセル・時間変更などは一切お受けできません。
・目や耳が不自由な方、車椅子の方は以下まで事前にお問い合わせください。
touchthedark2017@gmail.com


ゲスト出演情報
NEW!!
「SUPER SWAN」
新演出 白鳥の湖 全2幕 再演
TOYOSU DANCE LIVE 2019
日時:全3公演
6/28(金) 17:30開場 18:00開演
6/29(土) 12:30開場 13:00開演 / 16:30開場 17:00開演
会場:豊洲シビックセンターホール (豊洲文化センター5F)
料金:全席指定 SS席 8,000円 S席 6,000円
*SS席はプレゼント付(アーティスト写真、グッズ)
*6歳から入場可
チケット:3月10日(日) 10:00〜 チケットぴあ他にて発売予定
振付・出演:西島数博、長谷川達也(DAZZLE主宰)、Ewen Chiu(クラウドゲートダンスシアター)
出演:DAZZLE(宮川一彦、金田健宏、南雲篤史、高田秀文)、Dennis Chen、風間無限、水島渓
映像:酒生哲雄(写真家)
主催、制作:JDI(ジャパンダンスイノベーション)
制作協力:西島事務所、SMAG
共催:公益財団法人江東区文化コミュニティ財団 江東区豊洲文化センター


コラボプロジェクト
終演しました!ありがとうございました
東京ワンピースタワー × イマーシブシアター
「時の箱が開く時」

PV:https://www.youtube.com/watch?v=U0EvXmHZa0I
場所:東京ワンピースタワー (東京タワー 3F〜5F)
出演:麦わらの一味、DAZZLE、他

第二回 2019年1月10日(木)〜1月25日(金)
第一回 2018年9月22日(土)〜30日(日)


舞台情報
終演しました!ありがとうございました
イマーシブシアター Touch the Dark 2018
PV:https://youtu.be/Q4UtGFQ6A6A
場所:非公開(東京都渋谷区)
出演:DAZZLE、客演メンバー

第三回 2018年11月22日(木)〜12月2日(日)
第二回 2017年10月26日(木)〜10月29日(日)
第一回 2017年8月25日(金)〜9月3日(日)


DAZZLE振付情報
DAZZLE 主宰 長谷川達也を主軸にDAZZLEメンバーが一部、振付を担当しております
NEW!!
祝祭喜歌劇『CASANOVA』
日時・会場:
宝塚大劇場 2019年2月8日(金) 〜 3月11日(月)
東京宝塚劇場 2019年3月29日(金)〜 4月28日(日)
料金・チケットなど詳細はこちら公演公式サイトよりご確認ください。

浅田真央サンクスツアー
日時:全国多数の都道府県で開催中
詳細はコチラよりご確認ください


メディア出演情報
2018/12/15 テレビ朝日 題名のない音楽会 (長谷川達也、金田健宏、荒井信治、南雲篤史)
日本経済新聞出版社「フリーランス&“複"業で働く! 完全ガイド 」(日経ムック) 一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会 (飯塚浩一郎)
AdverTimes(アドタイ) 連載「国民総ダンサー時代前夜に考える、ダンスとクリエイティブの幸福な関係」 (飯塚浩一郎)
日本財団DIVERCITY IN THE ARTS アーティスト・インタビュー (長谷川達也)
日本財団DIVERCITY IN THE ARTS DAZZLE稽古場レポート2
日本財団DIVERCITY IN THE ARTS DAZZLE稽古場レポート1
フジテレビ「1Hセンス」 (長谷川達也)
T JAPAN『闇に呑まれ、闇に酔いしれる。DAZZLEが放つ体験型演劇 Touch the Dark』
ダンスニュースメディアサイト Dews『【ネタばれなし】リピーター続出で全公演完売!DAZZLEによる”体験型公演”「Touch the Dark」が開幕。9/3まで』
withnews『没入感ハンパない!廃病院で体感、新感覚のイマーシブシアターが登場』
トウキョウダンスマガジン
『DAZZLE公演「Touch the Dark」特集 長谷川達也×上妻宏光』
 (長谷川達也)

youtube
DAZZLE OFFICIAL YouTube
NEW!! 上妻宏光 Hiromitsu Agatsuma Music Video [AKATSUKI]
20周年記念特別企画「 DAZZLE × _____ 」
DAZZLE20周年記念公演「鱗人輪舞 (リンド・ロンド)」PV
2015/3/6『バラーレ』公開ゲネプロ (2015年3月)
DAZZLE公演「花ト囮」@国際フォーラム PV (2014年9月)
DAZZLE「二重ノ裁ク者」(2014年1月 記者会見時パフォーマンス)
DAZZLE「花ト囮」ファジル演劇祭フィナーレ(イラン・テヘラン) (2012年2月)
DAZZLE「Re:d」TRAILER (2011年11月)
DAZZLE「花ト囮」シビウ演劇祭フィナーレ (2011年5月)
DAZZLE「0NE」TRAILER (2010年10月)

※2019年2月5日現在
posted by DAZZLE at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メンバーブログ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185502636

この記事へのトラックバック