2019年04月09日

DAZZLEメンバーブログ -長谷川達也-


おそらくですが、

今が1年で最も時間に余裕があるであろう長谷川達也です。

しかしながら、時間に余裕があるときだからこそ、やらなければならないことが沢山ある。

自分を高めること。
身体的にも精神的にも学ぶことはいくらでもあります。
また、これからやってくる様々な舞台への準備として、情報を獲得したり、それを元にアイデアを生み出すこともそうです。

今年は
6月「SUPER SWAN」
7月「刀剣乱舞」
8月「DAZZLE新作イマーシブシアター」
9月「土方歳三」
と、そしてまだ言えないけれど予定されているものもあって、
ありがたいことに、今年もどうやら創作に明け暮れる日々になりそうです。

今は特に新作イマーシブシアターに向けて、その設定や物語、構成など、暇があればもやもやと妄想している段階。
自分の中ではだいたい6割くらいの設定も決まってきて、
「これは面白くなる!」
という想像と
「どうやって展開させるんだろう」
という実現に向けての困難がじわじわとあらわになってきています。

イマーシブシアターは会場内の観劇場所を自由に選べることから、作品に登場するどの人物にも注目することができます。
そして演者は「人物の数だけ物語がある」という当然と言えば当然のことを、まさにそのまま実践することになる。

通常の舞台でも一度に複数の人物の物語を描く作品はあります。
「群像劇」と呼ばれるこのタイプの作品は、同一の世界に存在する様々な人物のエピソードを短編的に見せていくものや、それぞれの視点で物語を多角的に見せていくことで一つの作品になる、と言った手法です。それぞれが主役であり、そして脇役でもあります。

舞台「グランドホテル」がその代表的な作品で、故に「グランドホテル方式」とも呼ばれることもあるようですが、他にも「RENT」や「Cats」など、多くの登場人物の性格や感情、エピソードを見せながら組み立てていく構成。
また、映画にもなった「桐島、部活やめるってよ」や「告白」と言った、学校という一つの世界の中に生きる生徒たちそれぞれの視点で描いていくものなどがそれに当てはまります。

ただ、たくさんの人物を登場させることはできても、一人一人に割り当てられた登場時間はそれほど多くはありませんし、それでいて筋の通った物語を作るのは、やはり簡単ではないでしょう。

ちなみに、僕は群像劇はあまり好みません。
上に記したような、素晴らしい!面白い!と思う作品はもちろんありますが、自分で作ることは難しいのでは、と思っています。
どちらかと言うと一人の人間を深く掘り下げていく方が好きで、見ていて深く感動するのもそうなんですね。

群像劇の場合、登場人物が増えれば増えるほど、観る側は物事の全てを俯瞰するような神の視点を持つことになるため、深い感情移入には至らないことが多いように思います。自分ごとではなく、他人ごとになってしまう。
もちろんそれが悪いと言うわけではなくて、僕はできれば物語を自分のことのように感じたいのです。

ところが、イマーシブシアターはこうした群像劇が良く似合うのかもしれない、と最近思うようになりました。
というのも、観客は自由に登場人物を追うことができるので、その数だけ、物語に対する視点が増えることになるからです。

それでいて、劇場公演でいうところの舞台袖にハケる、という「場面から消える」ということがほとんどないので、開演から終演まですべての行動に目的が必要で、

なんて作り手泣かせなんだ!

と嘆きたくなることもありますが(笑、

それゆえにこだわればこだわるほどに深みのある作品になる可能性を秘めていると感じています。

そして、観客は全てを俯瞰する神の視点を持つことができない。
ある意味、観客泣かせでもありますね。笑


と言うことで、まだはっきりとしたことは言えませんが、
次回作は僕が避けてきた群像劇の色合いが濃くなる…のかもしれないと思っております。

Touch the Dark」を超えなければと意気込んでみたものの、
同じ環境でできないことを考えたときに、同じ山を登る必要はないんじゃないかと思い始めました。

未開の地へ、僕なりの挑戦を。
気がつけばすでに、行くも戻るも簡単ではない場所まで、また足を踏み入れてしまったようです。



----
★DAZZLE★
official YouTube
official twitter
official instagram
official blog
official facebook
official website
-----



information
-----
ゲスト出演情報
NEW!!
長谷川達也、金田健宏、荒井信治、高田秀文の4人が出演!
音楽舞踊劇 新撰組・土方歳三
土方歳三公演-組写-300x300.jpg
日時:2019年9月29日(日) 16:30開場 / 17:00開演
会場:たましんRISURUホール(立川市市民会館)大ホール
料金:全席指定 S席¥5,000 A席¥4,500
   親子割引(A席のみ)小・中学生1名¥500
チケット:コチラのサイトをご確認ください。
出演:語り/宮沢和史(シンガーソングライター)、音楽/上妻宏光(三味線プレイヤー)、舞踊/DAZZLE(長谷川達也、金田健宏、荒井信治、高田秀文)、演奏/野崎洋一(キーボード)

チケット好評発売中!
「SUPER SWAN」
新演出 白鳥の湖 全2幕 再演
TOYOSU DANCE LIVE 2019
201901310042_ex.jpg
日時:全3公演
6/28(金) 18:30開場 19:00開演
6/29(土) 12:30開場 13:00開演 / 16:30開場 17:00開演
会場:豊洲シビックセンターホール (豊洲文化センター5F)
料金:全席指定 SS席 8,000円 S席 6,000円
*SS席はプレゼント付(アーティスト写真、グッズ)
*6歳から入場可
チケット:チケットぴあ他にて好評発売中
振付・出演:西島数博、長谷川達也(DAZZLE主宰)、Ewen Chiu(クラウドゲートダンスシアター)
出演:DAZZLE(宮川一彦、金田健宏、南雲篤史、高田秀文)、Dennis Chen、風間無限、水島渓
映像:酒生哲雄(写真家)
主催、制作:JDI(ジャパンダンスイノベーション)
制作協力:西島事務所、SMAG
共催:公益財団法人江東区文化コミュニティ財団 江東区豊洲文化センター


DAZZLE振付情報
DAZZLE 主宰 長谷川達也を主軸にDAZZLEメンバーが一部、振付を担当しております
NEW!! 振付・ステージングの一部を担当!
ミュージカル『刀剣乱舞』 髭切膝丸 双騎出陣2019
content_content_HGHZ_main_0321_withlogo_pc.jpg
日時:2019年7月4日(木)〜14日(日)
会場:品川プリンスホテル ステラボール
チケット:一般発売日 2019年6月2日(日) 午前10:00〜
料金:前売・当日共 8,800円税込 全席指定
詳細はこちら公式サイトよりご確認ください。

今月4/28まで東京公演開幕中!
祝祭喜歌劇『CASANOVA』
cpl73a000007grdc.jpg
日時・会場:
宝塚大劇場 2019年2月8日(金) 〜 3月11日(月) 終了
東京宝塚劇場 2019年3月29日(金)〜 4月28日(日)
料金・チケットなど詳細はこちら公演公式サイトよりご確認ください。

浅田真央サンクスツアー
main.jpg
日時:全国多数の都道府県で開催中
詳細はコチラよりご確認ください

終了しました!ありがとうございました
関東大学学生ダンス連盟Σ第28回連盟公演『銀色のカーネーション』
日時:3/15(金) 18:00、3/16(土) 12:30 / 18:00、3/17(日) 12:00
会場:戸田市文化会館 (埼玉県)


コラボプロジェクト
終演しました!ありがとうございました
東京ワンピースタワー × イマーシブシアター
「時の箱が開く時」

d13812-149-516370-0.jpg
PV:https://www.youtube.com/watch?v=U0EvXmHZa0I
場所:東京ワンピースタワー (東京タワー 3F〜5F)
出演:麦わらの一味、DAZZLE、他

第二回 2019年1月10日(木)〜1月25日(金)
第一回 2018年9月22日(土)〜30日(日)


舞台情報
終演しました!ありがとうございました
イマーシブシアター Touch the Dark 2018
d27236-1-640251-0.jpg
PV:https://youtu.be/Q4UtGFQ6A6A
場所:非公開(東京都渋谷区)
出演:DAZZLE、客演メンバー

第三回 2018年11月22日(木)〜12月2日(日)
第二回 2017年10月26日(木)〜10月29日(日)
第一回 2017年8月25日(金)〜9月3日(日)


イベント情報
終了しました!ありがとうございました
The Final “Touch the Dark” Talk Show
日時:2019年3月9日(土) 全2回
会場:都内某所(東京都渋谷区)


メディア出演情報
2018/12/15 テレビ朝日 題名のない音楽会 (長谷川達也、金田健宏、荒井信治、南雲篤史)
日本経済新聞出版社「フリーランス&“複"業で働く! 完全ガイド 」(日経ムック) 一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会 (飯塚浩一郎)
AdverTimes(アドタイ) 連載「国民総ダンサー時代前夜に考える、ダンスとクリエイティブの幸福な関係」 (飯塚浩一郎)
日本財団DIVERCITY IN THE ARTS アーティスト・インタビュー (長谷川達也)
日本財団DIVERCITY IN THE ARTS DAZZLE稽古場レポート2
日本財団DIVERCITY IN THE ARTS DAZZLE稽古場レポート1
フジテレビ「1Hセンス」 (長谷川達也)
T JAPAN『闇に呑まれ、闇に酔いしれる。DAZZLEが放つ体験型演劇 Touch the Dark』
ダンスニュースメディアサイト Dews『【ネタばれなし】リピーター続出で全公演完売!DAZZLEによる”体験型公演”「Touch the Dark」が開幕。9/3まで』
withnews『没入感ハンパない!廃病院で体感、新感覚のイマーシブシアターが登場』
トウキョウダンスマガジン
『DAZZLE公演「Touch the Dark」特集 長谷川達也×上妻宏光』
 (長谷川達也)

youtube
DAZZLE OFFICIAL YouTube
NEW!! 上妻宏光 Hiromitsu Agatsuma Music Video [AKATSUKI]
20周年記念特別企画「 DAZZLE × _____ 」
DAZZLE20周年記念公演「鱗人輪舞 (リンド・ロンド)」PV
2015/3/6『バラーレ』公開ゲネプロ (2015年3月)
DAZZLE公演「花ト囮」@国際フォーラム PV (2014年9月)
DAZZLE「二重ノ裁ク者」(2014年1月 記者会見時パフォーマンス)
DAZZLE「花ト囮」ファジル演劇祭フィナーレ(イラン・テヘラン) (2012年2月)
DAZZLE「Re:d」TRAILER (2011年11月)
DAZZLE「花ト囮」シビウ演劇祭フィナーレ (2011年5月)
DAZZLE「0NE」TRAILER (2010年10月)

※2019年4月9日現在
posted by DAZZLE at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メンバーブログ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185835101

この記事へのトラックバック