2014年01月25日

坂東玉三郎氏からのコメント到着。

人間国宝の歌舞伎俳優・演出家、
坂東玉三郎さんからDAZZLEにコメントを頂きました。

舞踊・演劇評論家の桂真菜さんからのコメントも届いております。

是非ご覧ください。

COMMENT & MOVIE | DAZZLE『ニ重ノ裁ク者』
http://www.dazzle-net.jp/nijyunosabakumono/comment-movie/


posted by DAZZLE at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月21日

ナレーターに浅野忠信氏、決定!

DAZZLE 8th performance「二重ノ裁ク者」のナレーションを浅野忠信氏が担当することが決定いたしました。

本作品は物語の大部分をナレーションで展開するため、ナレーターは非常に重要な役割を負うことになりますが、日本屈指の俳優である浅野氏が担当してくださることになり、DAZZLEの作品世界に新たなる命が吹き込まれることになりました。

浅野忠信氏とDAZZLEのコラボレーションに、ぜひご期待ください。

詳しくは、公演特設サイトをご覧ください。

■DAZZLE 8th performance「二重ノ裁ク者」特設サイト
http://www.dazzle-net.jp/nijyunosabakumono/news/



posted by DAZZLE at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月01日

HAPPY NEW YEAR!! 2014



ダズルフライヤー.jpg
DAZZLE 8th performance「二重ノ裁ク者」ニュービジュアル解禁!!



昨年は、これまで以上に沢山の作品を創作することが出来ました。
これも、いつもDAZZLEを観に来て下さったり、応援して下さる皆様がすぐ隣にいてくれるからです。
本当にどうもありがとうございました。

現在DAZZLEは次回作「二重ノ裁ク者」制作の毎日です。
また新しいDAZZLEの物語も、皆様と共有出来れば嬉しいです。
是非、素敵な劇場空間に足をお運び下さい。


2014年も、皆様と共に
DAZZLEらしく走りたいと思っています。
どうぞよろしくお願い致します。



★いよいよ今夜放送です。お見逃しのないように!!
2014年1月1日(水)Eテレ
テクネ映像の教室
25:30~25:45 影 (2)
http://www.nhk.or.jp/bijutsu/techne/


 DAZZLE

posted by DAZZLE at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年12月14日

いよいよ、明日15日から!!



1129_DAZZLE_omote_ol.jpg


2014年2月14日〜16日、池袋芸術劇場プレイハウスにて、
第八回公演「二重ノ裁ク者」を上演致します。

明日、15日から一般発売が開始します。

過去最大の会場で、最高の時間をお届けするべく、
メンバー一同日々練習を重ねておりますので、
DAZZLEの新しいスタートを、ぜひ目撃して下さい。



<公演概要>


DAZZLE 第八回公演 「二重ノ裁ク者」 Produced by PARCO

■出演者
長谷川達也・宮川一彦・金田健宏・飯塚浩一郎・荒井信治・南雲篤史・
渡辺勇樹・高田秀文・宮田祐也・高橋正和・三宅一輝・佐藤航

■公演日程

2014年
2月14日(金)19:30開演
2月15日(土)13:00開演/17:00開演
2月16日(日)13:00開演/17:00開演
※各回開演時間の30分前開場

■公演会場
東京芸術劇場・プレイハウス
〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-8-1

■チケット一般発売日
2013年12月15日(日)

■チケット料金
S席:5,500円 / プレミアム席(非売品特典CD付):7,000円(全席指定・税込)

■チケットご予約・お問合せ
チケットスペース TEL: 03-3234-9999
「チケットスペースオンライン」 検索(PCのみ)

■チケット取扱い
チケットぴあ
0570-02-9999(Pコード433-786)
http://pia.jp/t/dazzle/(PC・MB共通)

ローソンチケット
0570-08-4003(Lコード38736)
0570-00-0407(オペレーター対応10:00〜20:00)
http://l-tike.com/dazzle/

e+(イープラス)
http://eplus.jp/dazzle/

東京芸術劇場ボックスオフィス
0570-010-296 (休館日を除く10:00-19:00) ※窓口販売有り。
http://www.geigeki.jp/t/ (PC)
http://www.geigeki.jp/l/t/ (MB)




※未就学児童のご入場はお断りしております。

※万一当日開演時間に間に合わない場合、入場をスタッフが制限させて頂く場合がございます。
舞台演出の都合上、お客様の前を横切りご着席される行為は大変ご迷惑となりますので遅れずにお越し下さい。

DAZZLEの世界観を存分に楽しんで頂くためにも皆さまのご理解とご協力をお願い致します。

お座席によってDAZZLEの舞台は様々に見え方が変化します。
前方でも後方でもサイドでもご覧になる度に新たな気づきがございます。
是非、色々な発見を会場でお楽しみ下さい。
良席はどうぞお早めに!!



1129_dazzle_ura_ol.jpg

posted by DAZZLE at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年12月07日

ご報告



公式メールマガジン、一昨日のブログでもご報告しましたが、DAZZLEは新体制になります。
以前までのアーティストグループとしての解釈から、よりカンパニーとして活動の質を高めていきます。
それは、DAZZLEを取り巻く環境の変化や、個人の活動状況など、組織としてより充実するための方法です。

それを決意したのは、DAZZLEメンバーとして長年共に活動してきたヤスとヒロシの卒業です。

舞台芸術の世界で生きていくことは大変なことです。
DAZZLEの夢である、世界進出や国内での大舞台など、次第にその夢が叶ってきて、
今まではできなかったアートやエンターテイメント企業との連携を取れる環境を手にするに至りました。
そして1ダンスカンパニーとしては誰も辿り着いていない領域に足を踏み入れつつあります。

DAZZLEは再来年まで舞台の予定が詰まっています。
1公演を制作するのに途方もない労力を使うのに、これからはそれを連続的に行なっていくことになるでしょう。
それは僕らが望んだ未来であるにも拘わらず、個人活動とのバランスは著しく崩れてしまいます。
それでも舞台が好きで、ダンスが好きだから、表現することを諦めないのです。

ヤスやヒロシが卒業を決意するに至ったのは、そのバランスを維持できず、
観客の皆さんに最良のパフォーマンスをお見せすることが難しくなったことにあります。
しかしながら卒業することに対して、僕らは猛反対し続けました。
ファンの方とってももちろんですが、それは僕らにとって、家族と別れるようなことだからです。
DAZZLEのような稀有なダンスを一緒に踊ってくれる仲間がいることは、僕の人生にとってかけがえのない幸福です。
結成して16年、志を共に歩んでいけるということがどれほど奇跡的なことであるかとも思います。
そんな仲間が離れてしまうのは、身を引き裂かれるような思いでした。
どんな形でもいいからずっとDAZZLEでいて欲しかったけれど、
彼らのこれからの人生とDAZZLEの歩む道が重なることは望めませんでした。
誰が悪いとかではありません。
僕の本当の夢は、成し遂げたその瞬間を分かち合える仲間が一人も欠けることなく隣にいることだったのですが、
それを叶えられなかったことを悔しく思います。


しかし僕らは進んで行くことに決めました。
やめたら終わりです。そこまで。
だって僕らはまだ何も成し遂げていないから。
DAZZLEが世界に誇れるダンスカンパニーと呼ばれ、いつか成し遂げたと思えるその日がくるまで、ずっと続けていきます。


新加入するメンバーはダンサーだけではなくスタッフも含みます。
特にご紹介したいのが新たに加入しますダンサーの渡邉勇樹、高田秀文、宮田祐也の3名です。
彼らは兼ねてより舞台制作に携わってくれたお馴染みのメンバーです。
これを機に彼らを正式にメンバーとして招きました。

ダンサーとして、そしてキャラクターとしても非常に高い表現力を備えた彼らの加入により、
作品世界はより豊かになっていくことでしょう。彼らの活躍にもぜひご期待いただきたいと思います。

みなさんもご存知の通り、来年は東京芸術劇場プレイハウスでの公演から、
国際フォーラム他、まだご報告はできませんが、非常に魅力的な計画もあります。
自主制作から始まった小さな集団が、いよいよその形をカンパニーと変えて新たな段階へと進んでいきます。
そしてまた世界へと羽ばたくためにDAZZLEはもっともっと強くなります!



DAZZLEから目を離さないでいて下さい。
僕たちが望む未来は、応援してくれる皆さんの存在があって始めてたどり着けるものです。
これからも多くのものを
手に入れ、
経験して、
自分たちにも、そして皆さんにも、特別な景色をお見せできるよう、これからも頑張っていきます。


DAZZLE主宰 長谷川達也

posted by DAZZLE at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年12月05日

ダンスカンパニー「DAZZLE」新体制スタートのお知らせ



ダンスカンパニーDAZZLEはおかげさまで近年、
飛躍的に活動の規模を大きくして参りました。

単独公演・自主イベントだけでなく様々な場での公演企画・プロデュースをはじめ、
海外公演や映像制作、アーティストとのコラボレーションなど、
更にクリエイティブの幅を広げていこうと思っております。

そのような状況に伴い、DAZZLEがDAZZLEとしてそれぞれのシチュエーションで
最も力を発揮出来る形をメンバー・スタッフで模索した結果、
新メンバー三名の加入と先崎康弘・波多野浩司の卒業を含む、
新体制をスタートさせることになりました。

新たに加わるメンバーは、長年DAZZLEの舞台作品を客演として支えてきた、
渡辺勇樹・高田秀文・宮田祐也です。

今後は、ダンスカンパニーとして人材育成にも注力し、
より柔軟なメンバー構成でパフォーマンスに臨んでいきます。
また、制作スタッフもチームDAZZLEの一員として、
今まで以上に深く作品作りに関わっていく予定です。

既に、来年以降かつてない挑戦的な企画が多数決定しております。
引き続き、DAZZLEにご期待下さい。

よろしくお願い致します。

新メンバーのご挨拶、制作スタッフの紹介は改めてさせて頂きますが、
最後に卒業する先崎康弘・波多野浩司から、DAZZLEを応援して下さっている皆様に、
ご挨拶をさせて頂きます。

・・・・・・・・・・・・・・・

DAZZLEで上に行きたい、と必死に踊り続けて、
10年以上経ちました。
海外にも行き、賞も取り、大きな会場で公演が出来るようになったりと、
最初は夢だと思っていたことが、次々に叶っていきました。
その一方で、ダンス以外の自分の仕事も忙しくなってしまい、
ここ数年はどんどん増えていくDAZZLEの活動となんとかバランスを取っている、
という状態でした。
しかし、来年・再来年とDAZZLEがさらに大きな挑戦をすることが決まり、
悩み続けた結果、中途半端に関わるよりも、
わがままを言って卒業させて頂くことにしました。
メンバー全員からどんな形でも残って欲しいと言ってもらったのですが、
僕の中でDAZZLEは心技体全てが完璧な状態で
舞台に上がらなければならないものだと思っています。

夢の続きは仲間達に託しますが、これからも一番近くでDAZZLEを応援していきます。

見に来て下さったお客様のおかげで、本当に素晴らしい経験が出来ました。
ありがとうございました!
これからもDAZZLEをよろしくお願いします。

先崎康弘

・・・・・・・・・・・・・・・・

大学卒業時に、ダンサーになる気が全くなかった僕を、
先輩達がDAZZLEに誘ってくれて、ついてきてみたら、
凄い場所まで来てしまったという感じです。

僕にとってDAZZLEはとにかく楽しい場所でした。
今年に入ってから仕事や家庭の環境が大きく変化して、
あまり練習に出られなくなってしまい、
みんなにフォローしてもらっていたのですが、
それも申し訳ないことだなと。
自分がDAZZLEに100%集中して、楽しめないとダメだと思い、
卒業することを決めました。

本来であれば、皆さんに直接舞台などでお伝え出来れば良かったのですが、
このような形になり申し訳ありません。
舞台に立ったときに、満員のお客さんがいてくれることほど、
嬉しいことはありませんでした。
これからのDAZZLEがずっとそうであることを願っているので、
引き続きDAZZLEを見に来て下さい。
僕も見に行きます!
大好きなDAZZLEを客席から見れるというも新しい楽しみです。

いままで、応援、本当にありがとうございました!

波多野浩司

posted by DAZZLE at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年10月25日

DVD「SHADOW GAME」本日発売!!



81ES86HzAaL._AA1500_.jpg


DAZZLE 第7回単独公演として今年1月、スパイラルホールにて発表された
「SHADOW GAME」がいよいよDVDで本日Amazonから発売されました。

彩色をなくしDAZZLE作品の中でも最も光と影のコントラストが美しい作品となっております。


原発や、ネットでの匿名性など、
人々はやがて影という黒い輪郭だけの存在になってしまうのではないか、
そんな現実の事象になぞらえて描かれた世界。
しかしながら、どんなに世界が変わっても、いついかなる時も変わらずにあり続けるのが
「愛」であって、DAZZLE流のラブストーリーに仕上がりましたが同時に社会的内容も色濃く
ご覧になる方々によって様々な解釈が生まれることでしょう。


DAZZLEが作品の中に散りばめたメッセージをどうぞ受け取って下さい。





尚、2013年9月18日、かめありリリオホールにおきまして先行販売にて
ご購入されましたお客様で再生機器による不具合が一部発生しており
ご不便ご迷惑をお掛け致しまして大変申し訳ございませんでした。

【不具合の内容】
一部の再生機器において、日本語字幕表示が出来ない。

【不具合の原因】
直近の映像形式でプレスされていた為、
一部再生出来ない機器が発生。

【対策】
再プレスにより解消。


不具合の内容に該当されますお客様は大変お手数ですが、
お名前・ご住所を下記メールアドレスまでお知らせ下さい。


info@dazzle-net.jp


現在発売しているものは新たに再プレス致しましたDVDで
ございますのでどうかご安心下さい。

今後とも更なる品質の維持・向上を目指し一層の努力をしてまいります。
何卒ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。


posted by DAZZLE at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年09月25日

DVD「DAZZLE / SHADOW GAME」 再生時の不具合に関するお詫びとお知らせ



この度、2013年9月18日に先行販売いたしました
DVD「DAZZLE / SHADOW GAME」の収録内容に関しまして、
一部のお客様におけるDVDプレイヤーでの再生時に不具合があることが判明いたしました。


【不具合の内容】
一部の再生機器において、日本語字幕表示が出来ない。


つきましては、Amazonでの9月25日発売予定を
10月25日発売予定と延期させて頂きたくお願い申し上げます。
不具合が発生しているお客様と発売を楽しみにして下さっていたお客様には、
ご不便ご迷惑をお掛け致しまして大変申し訳ございません。
現在、生産工場とディスクの検証を急いでいるところです。


購入後、正常に再生できないお客様は


info@dazzle-net.jp


までご連絡下さい。
既にお問い合わせ頂いておりますお客様には改めてご連絡いたします。
今しばらくお待ち下さいますようお願い申し上げます。

posted by DAZZLE at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年09月19日

「SHADOW GAME -deep-」終幕

IMG_9830.JPG




SHADOW GAME-deep-
ご来場いただき、ありがとうございました。

ただ再演ということではなく、さらに進化させた内容にしたいと思い、今回は-deep-としました。
作品をいかに"深める"ことができるのか、という点で本当にすごく悩んだのですが、
前回好評だった影のシーンを追加したり、そして何よりも物語の中に登場するキャラクターに対して、
より理解度を深められたことが、初演時よりも説得力を生む結果に繋がったと、
僕自身は感じています。

舞台は何度立っても難しいもので、
また観てくれる人の心を動かすこと、伝えることは、
表現者としての永遠の課題です。
僕がいつも思っていることの一つに、




芸術はなくても生きていけるが、
それを観たり、
感じることで、
心が反応して、
もし豊かになったなら、
それはかけがえのない価値になる。




というものがあります。

いつまで経っても、人の心は計り知ることができませんが、
これからもDAZZLEやダンス、舞台を観て、その可能性や価値を感じてもらえるよう、
これからも追求していきたいと思いますし、そしてより多くの人と繋がりたいと思います。

ありがたいことに、DAZZLEは今後、舞台でより多くの機会をいただいております。
12月の上妻宏光さんとのコラボ、そして今公演の最後にも予告としてご覧いただきましたが、
2014年2月には東京芸術劇場プレイハウスでの新作公演もあります。
大きなステージにプレッシャーもありますが、
よりレベルアップしたDAZZLEをお見せできるように頑張りますので、
是非また舞台を観にいらして下さい!


皆さんに舞台やダンス、そしてDAZZLEの可能性が伝わりますように。



DAZZLE主宰 長谷川達也

posted by DAZZLE at 19:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2013年09月18日

「SHADOW GAME -deep-」重要なお知らせ



この度は「SHADOW GAME -deep-」
前売りチケットのご購入ありがとうございました。

まだ発表して間もない作品を
こうして再び
皆様の前で踊れることの幸せを
強く感じ深く感謝しております。

いよいよ本日「SHADOW GAME -deep-」 の幕が上がります。
初演時から、また更に進化し、完全緻密に練り上げられた舞台を
どうぞご期待下さい。


DAZZLEの作品は、
会場にお越し頂いた全ての方々に気持ち良くご覧頂けるように
ご来場についての重要なお知らせをさせて頂いております。



[開催日時]
9月18日(水)
開場18:30 / 開演19:00


[会場]
かめありリリオホール
〒125-0061 東京都葛飾区亀有3-26-1 リリオ館 9F

JR亀有駅南口下車徒歩1分
http://www.k-mil.gr.jp/institution/access/lirio_access.html


[上演時間]
1幕:45分
<休憩:15分>
2幕:45分


[当日券の販売]
18:00~ 9Fホール正面にて受付を開始致します。
チケット料金:¥4500

■当日の開演4時間前(15:00)までは、
下記の電話番号でご予約を受けています。
かつしかシンフォニーヒルズ(03-5670-2233)
かめありリリオホール(03-5680-3333)


[大変重要な注意事項]

●未就学児童のご入場はお断りしております。

●舞台演出の都合上、お客様の前を横切りご着席される行為は大変ご迷惑となりますのでお時間には遅れずにお越し下さい。
万一開演時間に間に合わない場合、入場をスタッフが制限させて頂き後部座席又は立ち見でのご案内になる場合がございます。
尚、休憩後にはご購入のお座席でご覧頂けます。
予めご了承下さいませ。

●演出効果の為、開演中は避難誘導灯を消灯致します。
入場の際にあらかじめ非常口をご確認の上、非常の際は係員の誘導に従ってご移動下さい。


DAZZLEの世界観を存分に楽しんで頂くためにも皆さまのご理解とご協力をお願い致します。


[商品販売]

■DAZZLE DVD
・ 「SHADOW GAME」サウンドトラック付き (会場限定先行販売)¥4000
*2013年1月スパイラルホールに於いての映像となります。


・ SOUR×DAZZLE「Moon shot」  ¥2500  
・「Re:d」  ¥3990  
・「0NE」  ¥3990  
・「花ト囮」   ¥3990  
・「モウイイヨ」  ¥3990  
・「ienai iitai」 ¥3990  


売り切れの場合はご容赦下さい。
販売商品は、状況によって予告なしに変更される場合がございます。



公演当日のお問い合わせに関しましては下記までお願い致します。
メールでのご対応は致しかねますので何卒ご了承下さい。

かめありリリオホール(03-5680-3333)


それでは皆様、会場でお会い致しましょう。

posted by DAZZLE at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年09月08日

伝統WA感動

12月、DAZZLEの2013年を締めくくるにふさわしい素敵なコラボレーションが実現することになりました!

日本の伝統を元に新しい文化創造を行うという目的の下に生まれたイベント「伝統WA感動」内で、気鋭の三味線奏者、上妻宏光氏と舞台作品を創作いたします。

「伝統WA感動」

日時:12月14日(土)
13:00開演(12:30開場)、
16:00開演(15:30開場)

会場:日暮里サニーホール
チケット:10月4日(金)発売開始
全席指定 一般:3,000円 学生:2,000円

詳細は下記HPをご確認下さい。
http://www.dento-wa.jp/program/p01-05.html

三味線とDAZZLEという新しい挑戦に、ぜひご注目下さい。

posted by DAZZLE at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

「SHADOW GAME」DVD販売のお知らせ

「SHADOW GAME -deep-」が来週に迫りました!

今回は再演ということもあり、「deep」とサブタイトルを付けたとおり、SHADOW GAMEがより進化した作品になっております。また、今回の公演は先崎康弘に代わり長年DAZZLEと共演してきた、渡辺勇樹を加えた8人で行います。

公演名:SHADOW GAME -deep-
日時:9月18日(水) 18:30開場 19:00開演
会場:かめありリリオホール
料金:4500円(全席指定)

公演詳細は下記HPにてご確認下さい。
http://kyodotokyo.com/dazzle

さらに、1月に行った「SHADOW GAME」のDVDを9月25日よりamazonで発売することになりました。(定価3500円/税込)

それに先立ちまして、9月18日の公演当日に会場限定サウンドトラック付きにて、4000円で先行販売を行います!ぜひ、この機会にお買い求め下さい。(2013年内にハイビジョンでのデータ発売も予定しております)

会場でお待ちしております!

SGビジュアル.jpg
posted by DAZZLE at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月27日

チケット前売り いよいよ明日13時より!!



*ASTERISKの興奮冷めやらぬまま
いよいよ明日28日(火)13時より
SHADOW GAME -deep-
アンコール公演のチケットが一般前売りされます。

初演時に残念ながら大雪でお越し頂けなかった方々や
もう一度観たい!!という方々のために
一夜限りのプレミアムな舞台です。

*ASTERISKでDAZZLEをお知りになった方々も
この機会により深いDAZZLEの世界観を体験して下さい!!

ダンスに加え、音と映像、ライティングによる
DAZZLE本来のステージスタイルが
緻密さと構成美を際立たせます。


これぞDAZZLEのステージングに皆様、どうぞご期待下さい!!



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


SHADOW GAME -deep-

人が影になる。
東京に黒い雨が降り、
少しずつ闇に覆われていく中、
男は彼女の面影を追い求める。
美しく残酷な魅惑のダンスエンターテイメント。

●日程
2013年9月18日(水)19:00 開演

●会場
KAMEARI LIRIO HALL
(かめありリリオホール)

●チケット料金
一般 前売 4,500円(全席指定)

※未就学児入場不可

◎公演の詳しい情報は、こちら↓
http://www.k-mil.gr.jp/program/lirio/2013/0918.html


おかげさまで*ASTERISK以降、沢山のお問い合わせを頂いております。
ご購入枚数制限もございますのでお早めのご購入をお勧め致します。
(ご購入枚数制限:お一人様公演全体あたり上限4枚まで)



posted by DAZZLE at 21:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月24日

ご挨拶



舞台ASTERISK、無事終演いたしました。


今までDAZZLEだけで作り上げてきた作品とはまた異なった舞台、
制作においては、始めて一緒に作業をする方々ばかりだったため、進行には非常に気を使いました。
各団体、各ダンサーの特色、持ち味を活かしつつ、それでいて物語として成立させる、
そのアイデアを生み出すのは苦労もありましたが、すごく楽しかった。
それはDAZZLEでは表現しきれないシーンだったり、また違った表現の可能性をはらんでいることが、
僕の想像をより掻き立てて、演出家としての苦悩と、そして喜びを感じさせてくれました。

しかしながら、100人をも超える出演者を一つの団体としてまとめることが出来るかどうか、
それが今回の公演を成功に導けるかの最大の鍵だと思いました。
違う環境で活動してきた人たちが、それぞれの価値観で舞台に存在していては、気持ちの面でチグハグになって、伝わらなくなる。
それはなるべく避けたいと思い、そのために物語としてのキャラクターを全うしてもらうことで、それを解消しようとしたんです。
ところが、いざ進めてみると、あまりよい条件とはいえない環境の中でも、
出演者の皆が、この舞台の価値を考え、また余りあるほどのダンスへの情熱でその不安を払拭してくれた。
それは僕にとって、ものすごく嬉しいことです。
自分が思い描くダンスの未来に向けて、皆が共感してくれたという証だからです。
ダンサーがより尊重される世の中になって、もっとよい環境で練習ができ、創作が出来るようにと願っています。
そのためには、ダンスが人の心を豊かにする力があることを証明しなければいけません。
その価値を証明するために、そのきっかけとなるのがこのASTERISKという舞台であって、
ダンスの持っている可能性を多くの人に伝えたかったんです。
世界に誇るダンサーである出演者たちが、自分たちの持っているテクニックと表現力を駆使して、素晴らしいシーンを作ってくれました。
そのおかけで、この舞台は自分でも想像出来なかったほどのエネルギーを生み出し、結果お客さんに伝わったと実感しています。
Twitterでつぶやかれる舞台の評価はどれも非常に高いもので、
ASTERISKという僕の頭の中にあった作品が、皆の作品に変わったと思いました。
それが本当に嬉しい。
参加してくれた出演者、スタッフの皆さん、誰1人として手を抜くことなく、
この舞台への情熱が、きっと世界を動かしていく、そう思える舞台でした。

ご来場頂き、本当にありがとうございました!
これからもダンスの価値を、伝えていけるように頑張りますので、引き続き応援よろしくお願いします!


演出家 長谷川達也

posted by DAZZLE at 00:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月18日

Good News !!



待望の第八回公演の会場が決定しました。

2014年2月、日本の舞台芸術の聖地、池袋>東京芸術劇場プレイハウスにて
ストリートダンス団体としては初めて単独公演を行うことになりました。
会場のスケールに負けない作品を作っていきますので、どうぞご期待ください。



そして



更に、その第八回公演の前に早くも「SHADOW GAME」の再演が
2013年9月18日(19時開演)亀有リリオホールにて決定しました。

この日の夜をDAZZLEに彩ってほしいという依頼を受け、初演時に大雪に見舞われ、
ご覧いただけなかった方もいらっしゃった「SHADOW GAME」で臨むことにしました。
一般発売は5月28日を予定しております。

http://www.k-mil.gr.jp/program/lirio/2013/0918.html


メルマガ読者の皆様には素敵なご提案を企画中ですので、お楽しみに!!


未読の方はこの機会に是非ご登録下さい!!
公式メールマガジンのご登録はDAZZLE Official WebsiteのTOPページより行えます。
購読は無料です。


posted by DAZZLE at 00:55| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2013年04月20日

* ASTERISK Trailer

「* ASTERISK」のトレイラーがアップされました!ぜひご覧ください!!

http://www.youtube.com/watch?v=Ofzz2HHRq_M
posted by DAZZLE at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年04月03日

本日よりチケット販売開始!

ASTERISK表.jpg

ASTERISK裏.jpg

本日より「* ASTERISK アスタリスク」のチケット販売が開始されました!

チケット詳細につきましてはASTERISKオフィシャルブログをご覧下さい。
http://ameblo.jp/asteriskblog/entry-11498514322.html

尚、今後のASTERISK最新情報につきましてはオフィシャルブログ等で配信されますので、こちらでチェックをお願いいたします。

ASTERISKオフィシャルブログ
http://ameblo.jp/asteriskblog/

Facebook
http://www.facebook.com/pages/Asterisk/499589840101850

Twitter
@asterisk_staff


そして!

オフィシャルブログに長谷川達也のインタビューが掲載されました。
http://ameblo.jp/asteriskblog/

今回の公演に対する熱い想いが語られています。是非ご一読ください。

posted by DAZZLE at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月02日

*ASTERISK(アスタリスク)

DAZZLEによる演出・脚本の新作公演「ASTERISK」の情報が遂に解禁されました!

5月18・19日に、国際フォーラムで行われる舞台「ASTERISK」にDAZZLEが演出・脚本で参加することとなりました。

この作品は、昨今日本人ダンサーが個人・チームとして世界で活躍する中で、「作品」として世界に通用するものを作りたい、という想いでスタートしました。DAZZLEが出演するのはもちろんですが、振付・出演で世界中から評価されている日本のトップダンサーが数多く参加する、まさに「夢の舞台」です。

ダンスの可能性に挑戦し続けてきたDAZZLEの、新しい挑戦をぜひ応援して下さい!

チケット:4月6日(土)販売開始

「* ASTERISK アスタリスク」をYouTubeでCheck!!
http://youtu.be/GHMtGT-2wuA


【開催概要】

「* ASTERISK (アスタリスク)」

出演者 DAZZLE / S**tkingz / 梅棒 / BLUE TOKYO / Vanilla Grotesque / JIL Entertainment Gallery / THINK TANK BANG / AFROISM / 當間 里美+TATSUO+PINO

演出  長谷川 達也 (DAZZLE)
脚本  飯塚 浩一郎 (DAZZLE)
音楽  林 ゆうき
キャスティング 上野 暁子 (LAST TRAIN GETTER)

2013年5月18日(土)・19日(日) 計3回公演  
※未就学児童入場不可

18日 19時開演
19日 13時開演 / 17時開演
※開場は開演の30分前

【会場】東京国際フォーラム ホールC
http://www.t-i-forum.co.jp/general/access/

【チケット】 
S席 5,500円
プレミアム席 7,000円(パンフレット付き)

【チケット販売】
チケットぴあ、ローソンチケット、e+ (イープラス)、イベントアテンドにて
4月6日(土)販売

チケットに関するお問い合わせ:チケットスペース 03-3234-9999

主催 株式会社 パルコ
企画 有限会社LAST TRAIN GETTER / 株式会社 DAZZLE


今までにないストリートダンス×ストーリーの融合舞台、海外からも注目を集める日本最高峰の様々なジャンルのダンサーが大集結!

いま、国際ダンスフェスティバル、ライブやプロモーションビデオ、ダンスバトルやコンテストなど国内外で活躍し、注目されている日本のダンサー達。 その中でも技術、オリジナルの世界観、人々を魅了する存在感を兼ね備えた最高峰のダンスグループが集結し、ひとつの舞台をつくりあげます。参加ダンサーの国内外総獲得タイトルは100冠以上!

集結するグループの特色も、アクロバティックでサーカスのような身体能力、幻想的な舞台、笑えるダンス、セクシーで魅惑的など千差万別。

その集結したグループの持ち味を最大限にいかし、壮大なストーリーを紡ぎだすのはダンス・演劇界でも強い注目を受けるダンスユニット「DAZZLE」

今までのダンスの価値観を覆すような熱気とエネルギーが体験できる進化系ダンスエンターティメントです。今後さらに大きな発展していくであろうストリートダンス界の挑戦をぜひ目撃してください。


posted by DAZZLE at 20:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

会社設立のお知らせ

2013年1月、ダンスカンパニー「DAZZLE」は、長谷川達也を代表取締役とする、株式会社DAZZLEを設立しました。

「DAZZLEの作品をよりハイクオリティなものにすること」と、DAZZLEの活動をより広く伝え、より長く続けること」という二つの目的のために、このような形をとることにしました。

また合わせてマネジメントを株式会社 SMAGに委託することもお知らせさせて頂きます。
http://www.smag38.com/

これまでと同様、DAZZLEは自分たちらしく走り続け、ダンスを通じて皆様の心を動かしていきます。

これからもよろしくお願い致します。

DAZZLE


posted by DAZZLE at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月16日

「SHADOW GAME」終幕



shadowgame集合写真.jpg


DAZZLE第7回公演「SHADOW GAME」にお越しいただき、ありがとうございました。

「人が影になる。」
原発や、ネットでの匿名性など、人々はやがて影という黒い輪郭だけの存在になってしまうのではないか、
そんな現実の事象になぞらえて描いたのが「SHADOW GAME」の世界です。
しかしながら、どんなに世界が変わっても、いついかなる時も変わらずにあり続けるのが

「愛」

であって、今回はその愛の物語を僕たちなりに作ってみました。
そう、DAZZLE第7作目はラブストーリーでしたが、また同時に最も社会的な作品でもあったのかな、と思います。
作品の中に散りばめられたメッセージ、ダンスは、見る人によって様々な解釈を生みます。
しかし、それがどんな形であれ、そこに何らかの心の動きがあったのなら、それこそが僕たちDAZZLEの存在価値なのだと思います。

「ダンスの可能性を示したい。」これは僕がかねてより掲げてきた思いであって、それは今でも変わらずに持ち続けています。
ダンスに出会えて僕は本当に幸せ。
だからより多くの人にそのことを伝えたい。
どうか皆さんもダンスや舞台、芸術をみて心が豊かになること、それを感じてほしいと思いますし、広げていってください。
それが叶うなら僕たちも、ずっと舞台を続けていけます。

観に来てくれてどうもありがとう!
今回も皆さんに会えて良かったです。
願わくばこれからもずっと、DAZZLEを観ていてください。


DAZZLE主宰 長谷川達也

posted by DAZZLE at 19:48| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記